私たちはこんな男の為に働いているのか? 生活保護費をパチンコに費やしスーパーで強盗 有り金を使い切った男の言葉

私たちはこんな男の為に働いているのか? 生活保護費をパチンコに費やしスーパーで強盗 有り金を使い切った男の言葉

いい加減にしてくれ…(写真はイメージです)

住んでいたアパートの電気は料金の未払いで停められていて、全財産は財布の中に入っている数百円のみ。それが川越猛夫(仮名、裁判当時73歳)の犯行時の状況です。

こうなった原因はパチンコでした。毎月、家賃分を差し引いて8万円ほどの生活保護費で暮らしていましたが、負けが込んでしまったのです。頼れる友人も親戚も誰もいません。

彼は自転車に乗って家の近くのスーパーに向かいました。

アルバイトでレジに入っていた男性の供述です。

「15時からのシフトで17時頃からレジに入ったと思います。犯人がレジに来たので『いらっしゃいませ』と言ったらいきなり包丁を突きつけられて『レジ開けろ。万券どこだ』と言われました。言われた通りにレジを開けてお金を渡すと犯人はそれを鷲掴みにして去っていきました」

この強盗事件での被害金額は35万円でした。犯行に使用された包丁は後の調べで被害店に陳列されていた商品だったことが明らかになっています。

犯行を終えると彼は包丁を捨て、スーパーに来るときに乗っていた自転車で駅に向かい上野に移動しました。

上野に着いてから向かった先、そこはパチンコ屋でした。

それからしばらく上野、鶯谷あたりをブラブラし、今度は新幹線で名古屋へ向かいました。

「昔、住んでたことがあって友人がいるから会いに行ったんです。もう最後の機会だと思ったからね。結局会えなかったですけどね」

スーパーでの強盗が3月7日、その9日後の3月16日に彼は愛知県の金山で自首し逮捕されました。


あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月25日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。