安倍総理が仰天閣議決定「反社の定義は決まっていない」!? 現場の警察官が怒りの声「反社の定義は全警察で掲げてある!」|久田将義

安倍総理が仰天閣議決定「反社の定義は決まっていない」!? 現場の警察官が怒りの声「反社の定義は全警察で掲げてある!」|久田将義

冗談みたいなキャッチフレーズ(撮影=編集部)

いや、ビックリしました。「桜を見る会」でマルチ商法の会社会長を招待したり(とされる)、それどころか、反社会的勢力らしき人物と昭恵夫人とのツーショットで撮られたのをあやふやにしようとしたのか、壮大なごまかしを安倍政権はやってしまいました。これが、刑事事件を取り締まる警察庁のさらにトップにある、総理大臣たる人の決定でしょうか。

【政府は10日、「反社会的勢力」の定義について「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難だ」とする答弁書を閣議決定した。政府による「反社会的勢力」の過去の使用例と意味については「政府の国会答弁、説明資料などでの使用のすべての実例や意味について、網羅的な確認は困難」とした。】(毎日新聞12月10日より)

これで警察がヤクザを取り調べる時、その人が「俺たちは反社会的勢力ではない。総理大臣が言っているのだから」とでも言ったら安倍総理はどうするのでしょうか。

最前線で身体を張っている「現場の警察官の心根」を完全に無視した、閣議決定です。自分の保身か、あるいは自分の妻の保身の為に、警察行政をないがしろにしていると言わざるを得ません。

現に各地で起こっている山口組抗争事件ですが、流れ弾に住民が被害に遭う可能性もあります。それは「反社会的勢力」ではない、すなわち「一般人」が起こした事件にでもなるのでしょうか。


あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「安倍総理が仰天閣議決定「反社の定義は決まっていない」!? 現場の警察官が怒りの声「反社の定義は全警察で掲げてある!」|久田将義」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    選挙では暴力団を利用しながら、政府の体裁としてはこれを排除する。この矛盾がとうとう社会秩序を破壊する前代未聞の閣議決定を生んだ。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。