新成人の裁判傍聴 晴れの舞台に“前科”を背負う者たち 与えられた「自由」の代償とは

新成人の裁判傍聴 晴れの舞台に“前科”を背負う者たち 与えられた「自由」の代償とは

写真はイメージです

黒沢翔大(仮名)は令和元年11月25日に20歳の誕生日を迎えました。新成人の仲間入り。とてもめでたいことです。これからは1人の立派な大人として頑張っていってほしいものです。

さてそんな節目となった誕生日の翌日。令和元年11月26日、彼は東京地裁の法廷に被告人としてやってきました。未成年であれば公開の法廷で裁判を受けることはないわけですから、さっそく大人としてのデビューです。

そんな晴れの舞台をしっかり傍聴席で見守ってきました。

傍聴の際に取っているメモには彼の第一印象が、

「ガラ悪いガキ。いかにもヤカラ。半グレ」

と書かれています。いくら個人的なメモとはいえ、大人の方に対して「ガキ」と書いてしまったことは失礼だったなと反省しています。

彼の大人デビューとなった罪名は「千葉県青少年健全育成条例違反」と「職業安定法違反

」でした。

彼は高校中退後、実家を出て建築会社で働きはじめました。しかしそこはすぐに辞めてしまいました。建築会社の社長から、

「息子さんが最近仕事に来てないです。どうもスカウトみたいなことしてるらしい」

と連絡を貰った彼の父親はすぐ息子の暮らしている家に向かいました。

「会いに行ったら髪も金髪になってて、マトモじゃないと思いました」

このあとすぐ実家に連れ戻された彼ですが、しばらくして今度は、

「バーを友人とやる」

などと言ってまた家を出ていきました。

もちろんバーなどやるわけがありません。当時まだ未成年だった彼は汗水流して働くのはイヤだったのです。彼はまた悪い友人に誘われてスカウト業に戻りました。


あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。