神奈川県厚木市立小学校で教師が生徒をイジメている! なんと小学校校長が発達障害の教え子に差別発言 音声データの存在も

神奈川県厚木市立小学校で教師が生徒をイジメている! なんと小学校校長が発達障害の教え子に差別発言 音声データの存在も
拡大する(全1枚)
写真はイメージです

いじめ被害者が行政を訴えて、勝訴した報道がなされました。氷山の一角で、類似事案は全国に多くあるようです。当サイトでは、イジメを隠蔽する行政の闇、弁護士を立てずに本人訴訟で行政を訴える原告を独自取材しています。

小学生の時にいじめを受けた影響で心的外傷後ストレス障害(PTSD)になった20代女性が、小学校設置者の東京都府中市に損害賠償を求めた裁判で東京高裁は23日までに、約750万円の賠償を命じたことが報じられました。

一審の東京地裁立川支部判決では、請求を棄却されていたので、被害者は控訴していました。校長と学級担任は、被害者女性を診断した医師から「PTSDの原因はいじめだ」と説明されたのに、全く受け入れようとせずに、イジメ問題を隠蔽していた旨を裁判長から批判されていました。

東京都では、診断書はイジメの証拠にならないと問題発言をする職員もいるので困ったものです。

都内の有名私立大学付属の高校に通っていた女子生徒Xが、イジメに遭い、卒業まで不登校になり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされていました。Xの父親が学校に相談するとモンスターペアレント扱いされ、東京都内の私立の学校を監督する東京都私学部にPTSDの診断書を持参して相談したところ、診断書は証拠にならないと一蹴されてしまったそうです。

「PTSDの診断書を厚生労働省に相談したところ、職員は「診断書を否定するのは医者しか出来ないから、都はそれなりの医者を用意して否定しているのかな」と発言。厚労省が都私学部に注意指導をすればいいんでしょうけど縦割り行政の弊害でできないようです」(Xの父親)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「発達障害」に関する記事

「発達障害」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「発達障害」の記事

次に読みたい「発達障害」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク