「匂わせ」どころじゃない元清純派女優・鈴木杏樹の“怒りのメッセージ” 不倫男の「もうすぐ妻とは別れる」という常套句を一刀両断?

「匂わせ」どころじゃない元清純派女優・鈴木杏樹の“怒りのメッセージ” 不倫男の「もうすぐ妻とは別れる」という常套句を一刀両断?
拡大する(全1枚)

画像は『Love Story~ドラマティック・ミックス~ 』より

 

東出昌大(32)と唐田えりか(22)の不倫騒動が鎮静化する前に飛び出した、女優・鈴木杏樹(50)と元歌舞伎役者で俳優・喜多村緑郎(51)の不倫騒動。さすが不倫報道独走中の“文春砲”といったところですが、世間の反応としては、東出昌大と唐田えりかの不倫(特に唐田えりかの一連の“匂わせ”)ほど叩かれてはいないようです。

ところが、鈴木杏樹が出した「謝罪文」が、それほど燃えてなかった火に油を注ぐ結果となったようで…。

 

関連記事:奇跡の50歳・鈴木杏樹の熱烈不倫に報道しといて「どうでもいい!」と小倉智昭氏 「マスクよく手に入ったな」と捨て台詞 | TABLO

 

一世を風靡したトレンディードラマ「あすなろ白書」から始まり、「相棒」などの人気ドラマに出演し、今でも“清廉”なイメージを持たれている鈴木杏樹ですが、今回の不倫ではネット上でも、よくある「世間の常識」に沿った通り一辺倒の意見がほとんどでした。

当初は、お互いに子供がいないことや、年齢的にもいい大人同士の話(鈴木杏樹は「奇跡の50歳」と言われ久しい)なので、それこそ「当事者同士の問題」といった空気も流れていました。唯一の「被害者」ともいえる不倫された妻が元宝塚トップ女優の貴城けい(46)(その美貌に初見の人は二度びっくり)さんがお気の毒…という声はありましたが…。

それでも、東出昌大の「妻の杏さんが妊娠中の不倫」「3年にわたる不倫」、その後報道された「東京ディズニーシーの海底2万マイルで破廉恥行為」、「昔の彼女との首輪写真」や、唐田えりかの「匂わせ写真のばら撒き」などに比べれば、世間の怒り(興味)はそれほどではありませんでした。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク