「ダブル不倫婚」だった野村克也さんと沙知代さん 世間を敵に回した当時のバッシングは、逃げ回る東出昌大、鈴木杏樹の比ではなかった!

       
「ダブル不倫婚」だった野村克也さんと沙知代さん 世間を敵に回した当時のバッシングは、逃げ回る東出昌大、鈴木杏樹の比ではなかった!

画像は『超二流: 天才に勝つ一芸の究め方』より

2月11日、日本プロ野球界隋一の名捕手にして名将だった野村克也さん(84)が亡くなりました。テレビ各紙では野村さんの栄光や、ボヤキのノムさんとして慕われた人柄を報じています。なかでも2年前に亡くなったサッチーこと妻の沙知代さんとの「夫婦愛」に焦点が当たっています。ですが、そもそもノムさんとサッチーは「ダブル不倫」から誕生した夫婦だったわけで…。

くしくも、2年前にこの世を去った妻の沙知代さん(享年85)と同じ「虚血性心不全」が死因。その沙知代さんが亡くなった際、野村さんはテレビの取材に「どうやって生きていけばいいんだろう…」とコメントしていましたが、その憔悴ぶりには身に迫るものがありました。

野村さん夫妻は、2010年には「いい夫婦の日 ベストオブザイヤー」(ちなみに同じ年の受賞者は佐々木健介さんと北斗晶さん夫妻)に選ばれるほど、世間から認められた「おしどり夫婦」でした。

ただ、いまやテレビでは誰も触れませんが、そもそも二人は「ダブル不倫」から始まった結婚だったのです。

野村克也さんと沙知代(旧姓伊東)さんが出会って付き合い始めたのは1970年、当時はお互い既婚者で子どももいました。野村克也さんの元妻は南海電鉄の社長令嬢で、沙知代さんの元夫は米軍将校のアメリカ人男性(メジャーリーグのエージェント団野村氏はその息子)でした。

1978年に野村さんは元妻との離婚が成立し、沙知代さんと再婚しました(沙知代さんは1976年に元夫と離婚)。長らく不倫状態が続いていたことになります。


あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。