歌舞伎町、オワタ……! 眠らない街が“眠る街”へ? 濃厚接触が危惧されるバーや風俗店は苦境に ついに大不況がやって来るのか――?

歌舞伎町、オワタ……! 眠らない街が“眠る街”へ? 濃厚接触が危惧されるバーや風俗店は苦境に ついに大不況がやって来るのか――?

写真はイメージです

コロナパニックの余波で、スポーツやエンターテインメントのイベントはことごとく自粛。なにかと動きが鈍い相撲協会も春場所の無観客開催を決定するなど、選抜大会開催に意欲を? みせる高野連と毎日新聞を除いては、ほぼ一億総自粛状態と言ってもいい。

大規模なイベントを中止、あるいは無観客にすることは莫大な損害が出ることは言うまでない。その苦衷は想像に難くないが、これら大きな組織の動き以上に厳しい状況に陥っているのが、小売業。特に飲食業界などだ。なかでも、客との距離感が近いバーやスナック、風俗店などにとっては死活問題となりつつある。新宿歌舞伎町でバーを経営する男性はこう話す。

「10年以上、この商売をやっているけどここまで悪いのは初めて。売り上げは3割ほど少なく、従業員の給料を払うのが精一杯。俺の分は蓄えを切り崩すしかいないね」

男性経営者の言が大げさではないのは、実際歌舞伎町の街を歩けばわかる。特に深夜帯だ。「眠らない街」で知られるように、終電を過ぎても人込みは絶えないのが特徴の街だが、コロナ騒動以降、その客足がぱったりと途絶えたという。別のバー女性オーナーがいう。

「歌舞伎町の場合、深夜1時、2時を過ぎて再びプチピークを迎える場合が多くて、その前提でシフトも組んでいる。でも、そのプチピークがぱたりとなくなった。フリーのお客さんはもちろん、常連さんの足も遠くなってる。たまに酔っぱらった外国人観光客がドアを開けるくらいで……」


あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「歌舞伎町、オワタ……! 眠らない街が“眠る街”へ? 濃厚接触が危惧されるバーや風俗店は苦境に ついに大不況がやって来るのか――?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    新宿はもちろんですが都内各警察署の管轄内でこの2ヶ月の間に犯罪発生件数が激減しています。ひったくり、痴漢、飲酒状態での喧嘩、駐車違反などが特に減少し続けています。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月4日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。