『新型コロナ騒動』と『オウム・サリン事件の相似点』 ワイドショー常連のコメンテーターが今日も分からない専門用語で語る|中川淳一郎

『新型コロナ騒動』と『オウム・サリン事件の相似点』 ワイドショー常連のコメンテーターが今日も分からない専門用語で語る|中川淳一郎
拡大する(全1枚)

サリン事件と似ている今回の騒動。

新型コロナ騒動で世の中が不安に包まれているが、東日本大震災の時と同様の空気を感じる。

当時は東北と関東の人々が「終末感」を覚えたことだろう。関西に当時行ったら「そんなに大変だったの? 私ら何にも変わってない」と言われ、ホッとした。あぁ、オレらは第二の強力なエンジンを持っていたのだ、日本はまだ大丈夫だ、と。


東日本大震災も平成だったが、平成7年(1995年)といえば、1月17日に阪神淡路大震災があり、3月17日にオウムによる地下鉄サリン事件があった。この時の雰囲気と今が非常に似ているのだ。

今、感染症の専門家として、白鴎大学の岡田晴恵氏が連日のようにテレビに出ているが、当時もオウムの専門家が多数出演していた。実はこの時の「専門家」の登場が現在のワイドショーの「型」を作ったのでは、という気がしている。世間の関心があるジャンルに詳しく、喋りも上手でテレビ局の無茶ぶりにも応えられる人材が重宝されるようになったのだ。

オウムの専門家として頻繁に登場したのは江川紹子氏(ジャーナリスト)、有田芳生氏(ジャーナリスト)、島田裕巳氏(宗教学者)、紀藤正樹氏(弁護士)、伊藤芳朗氏(弁護士)、滝本太郎氏(弁護士)の6氏だと記憶している。

「いつものメンバー」が朝のワイドショーに登場し、その意見を聞く。そして翌日も「また○○さんが出てるね」なんてことを家族で言い合っていたのだ。

オウムについては、「拉致」「VXガス」「ポア」「水中クンバカ」「尊師の入った風呂の湯」「ヘッドギア」「サティアン」「ホーリーネーム」「オウムシスターズ」などあまりにも過激過ぎるネタが多く、当時の日本はこの件で熱狂していた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク