麻生太郎に国を売られる コロナ騒動の中でひっそりと可決されようとしている重要法案をあなたは知っていますか? 日本が危ない!

麻生太郎に国を売られる コロナ騒動の中でひっそりと可決されようとしている重要法案をあなたは知っていますか? 日本が危ない!
拡大する(全1枚)

画像は『副総理・財務大臣 麻生太郎の守護霊インタビュー』より

日本中が新型コロナウィルスへの対応で苦慮している。しかしその間隙をつくかのように、いくつかの重要な法案が“ひっそりと”可決されようとしているのだ。そのなかのひとつが、3月24日、横浜市議会・本会議で可決される見通しの2020年度・一般会計予算案である。

24日の地元紙神奈川新聞によると、この予算案にはIR誘致の推進事業費4億円も計上されており、最大会派である自民党・無所属の会、及び公明党の賛成多数で可決される。第二会派の立憲・国民会派は推進事業費を削除する修正案を出したが、数の力で押し切られた。

この横浜市のIR誘致に関して、かつて本サイトでも報じたが、目玉であるカジノリゾートには横浜市民の多数が反対しており、また有力者たちからも(多分に利害関係は見えるのだが)反対の声があがる。また、地元人気サッカーチームである横浜F・マリノスに中国系(香港)のIR企業がスポンサーについた件など、単純には割り切れないきな臭さが見え隠れするのだ。

もちろん、コロナショックのことを考えれば予算案を速やかに通すことが望ましい。しかし、(控えめに言って)横浜市民を二分する大きな法案がさして話題になることもなく、粛々と成立していくという事実を見逃してはいけないだろう。

このような動きは、一地方市議会である横浜市だけの問題ではない。ある意味、コロナ同様に日本人の安全にかかわる法案も、賛成多数で可決されようとしている。その法案とは、種苗法改正案だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク