緊急事態宣言が発令 新宿・歌舞伎町の19時過ぎはゴースト・タウンに… 街には『ポン引き』と『マスコミ関係者』しかいない

緊急事態宣言が発令 新宿・歌舞伎町の19時過ぎはゴースト・タウンに… 街には『ポン引き』と『マスコミ関係者』しかいない


緊急事態宣言が発令 新宿・歌舞伎町の19時過ぎはゴースト・タウンに… 街には『ポン引き』と『マスコミ関係者』しかいない

4月7日、東京を始めとして神奈川・大阪など7都府県に、改正特別法に基づく緊急事態宣言が発令された。期間は連休明けにあたる5月6日まで。

宣言までにかかった時間について、世論は喧しいが発令されるいまとなっては、その検証は後の話だ。また、ロックダウンができないなど、その効力についても賛否があるようだが、その話をすれば改正特別法の国会審議に遡らなければならない。これまた、喫緊の論議ではないだろう。

さて、緊急事態宣言が出たことで、各都府県の首長たちの対応に注目が集まるのだが、とりわけ首都である東京に与える影響力は大きい。すでに小池都知事による“自粛要請(妙な日本語なのだが)”で都内には大きな変化があらわれている。

そのなかでも特に顕著なのが、リスクが高いと名指しされたバーやナイトクラブなど夜の街だ。一例をあげるなら、小池都知事が重ねて自粛を要請して初の週末にあたる4月3日の金曜日。都心であり最大の歓楽街・歌舞伎町を抱える新宿がわかりやすい。

まず、新宿駅東口にあり新宿の顔とも言える伊勢丹新宿店近辺。新宿通りと明治通りが交差する周辺は、通常の週末なら買い物客や遊興客であふれかえらんばかりになるが、伊勢丹が早じまいしたこともあって、19時過ぎには人通りが極端にまばらになった。中心地でこのあり様なのだからあとは推して知るべしだ。

緊急事態宣言が発令 新宿・歌舞伎町の19時過ぎはゴースト・タウンに… 街には『ポン引き』と『マスコミ関係者』しかいない

一方、新宿夜の顔・歌舞伎町も静寂のなかにあった。筆者が歌舞伎町に入って最初に聞こえた声はさくら通りにたむろするポン引き同士の会話。お仲間に「客はいるかい?」と呼びかけられた初老のポン引きは、「いねーよ!」と不貞腐れたような声で応えた。


あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月7日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。