「コイツ想像力が乏しい」 為末大の上から目線発言に都民の怒り爆発 多様性を理解しない元陸上選手がまたまた炎上中

       
「コイツ想像力が乏しい」 為末大の上から目線発言に都民の怒り爆発 多様性を理解しない元陸上選手がまたまた炎上中

画像は『心のブレーキを外す。: 「限界の正体」を知り、「思い込みの檻」から抜け出す法』より

Twitterがたびたび炎上することで知られる元陸上選手で現在はスポーツコメンテーターの為末大さん(41)が、またまた炎上発言したことが話題となっています。

為末さんは緊急事態宣言が発令された次の日である4月8日、自身のTwitterにて日本経済新聞が報じた「朝の山手線、乗客者35%減どまり 接触8割減に現状遠く」という記事のリンクを貼りながら「出勤しちゃうんだ」とツイート。

この、出勤する人たちへの“上から目線”なツイートに違和感を抱いた人は多かったようで、このツイートへのリプ欄には

「出勤しちゃうんだって……通勤電車内ででこのツイートを見てしまい、批判されているような、無能扱いされているような、そんな気持ちになりました」

「来月どうやって生きてけばいい? って人が日本にどれだけいるか知ってても、出勤しちゃうんだなんて言うんですか?」

「休業補償ありませんもの。命懸けで出勤でしょう」

「『しちゃう』じゃない『させてる』企業が問題なんだろ」

といった反論が続出。

またネットでも、

「想像力が乏しいですね…私達の暮らしを支えてくださっている方々に感謝です」

「みんな仕方なく仕事を続けてるのにこの言い方はないな」

「看護師なんでコロナ陽性なるまで仕事ですよ!!」

「感謝こそすれこういうこと言えてしまう頭の悪い人にはなりたくない」

といった批判の声が続出していました。

このように現在、為末さんは大炎上しているわけですが、実は為末さんは昨今、Twitterにてこの炎上を予言するような発言をしていたのです。

というのも2019年10月28日、為末さんはTwitterにて「昨今の炎上などを見ていると、友人の多様性が足りないことでバランスを欠いていることに気がつけない例が多いように思う」とツイート。

まさに今回の炎上騒ぎは、為末さんが“出勤して世の中を支えている人たち”という多様性を理解していないことで、“バランスを欠いていることに気が付けない”ためにしてしまった発言により起こったと言えましょう。

期せずして、自分のツイートをそのまま体現した形となった為末さん。まさにスポーツ界屈指の“炎上系ツイッタラー”としての面目躍如を果たすことができた、と言えそうです。(文◎小池ロンポワン)

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「コイツ想像力が乏しい」 為末大の上から目線発言に都民の怒り爆発 多様性を理解しない元陸上選手がまたまた炎上中」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    政府さえしっかりしていれば、自粛要請で8割減らすことはできる。ケチケチ政府のために市民が喧嘩をする羽目になっている。

    0
  • 匿名さん 通報

    リメンバーコロナ 国民切り捨て内閣を忘れるな!

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月11日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。