「早く財産を引き渡せ」 息子が母親を殴打し三度目の逮捕 それでも息子をかばう母親 虐待は繰り返される…|裁判傍聴

「早く財産を引き渡せ」 息子が母親を殴打し三度目の逮捕 それでも息子をかばう母親 虐待は繰り返される…|裁判傍聴
拡大する(全1枚)

写真はイメージです

平成27年に傷害罪、30年に暴行罪で検挙された福澤正勝(仮名、裁判当時61歳)は令和2年に再び暴行罪で検挙されました。被害者は三回とも同じ人物です。今回の犯行時、86歳だった実母でした。

彼は中学卒業後、職を転々とした後、生活保護を受けながら一人暮らしをしていました。彼には精神障害があり働けなくなってしまったのです。

一方、彼と離れて一人暮らしをしていた母親は平成26年から認知症の症状が出てきました。施設に入ることは拒否しましたが、ケースワーカーの勧めで財産は福祉施設に管理してもらっていました。

母親が認知症になってすぐの頃は彼は母親の住む家に通い介護をしていました。しかしそれも長くは続きませんでした。彼は母親に福祉施設から財産を引き出すよう強要し始めたのです。それは暴力に発展し最初の逮捕となりました。平成30年の逮捕も同じようにして起きたものです。

二度の逮捕にも懲りず、彼はまた母親から金を奪おうとしていました。

彼は福祉施設にも何度も電話をかけ生前贈与の申し入れをしています。生前贈与の手続きは本人でないと出来ないため断られましたが、その時に彼は電話でこんなことを言っていました。

「早く母親に死んでほしい」

「早く財産を引き渡してほしい」

彼の暴行が発覚したのは福祉施設にかかってきた母親からの電話がきっかけでした。その用件は「福祉施設に預けている財産の一部を引き出したい」というものでした。電話に出た職員はこの家庭の事情を知っていたため


当時の記事を読む

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク