「家族がいるんだ、名前は出さないで」 ジャンポケ斎藤氏の“いじめ告発”に加害者は…

「家族がいるんだ、名前は出さないで」 ジャンポケ斎藤氏の“いじめ告発”に加害者は…
拡大する(全1枚)

画像はイメージです

お笑い芸人・ジャングルポケットの斉藤慎二さんが、『読売新聞オンライン』で学生時代のいじめ体験を語り、ネット上で「いじめの内容が酷すぎて苦しくなった」「傷害事件ではないのか」と反響を呼んでいます。

小学3年生から中学卒業までの長期間にわたり、いじめを受けていたという斉藤さん。いじめられるきっかけとなったのは、“クラスで一番背が低い”という些細な理由だったそうで、そこから上履きがなくなる、3階から自分の教科書が落ちてくるなど、その内容がエスカレートしていったとのことでした。

集団で暴行され泣いてしまった時には、「俺らが悪いみたいになるじゃないか。笑えよ」と責められ、授業中に「姿勢が悪い」と彫刻刀で背中を刺されたこともあったといいます。高校進学後は平和な日常が訪れたようですが、それまでの間には首をくくろうとしたこともあったと明かしています。

こうしたいじめ行為を中心になって行っていた人物からは「俺も家族ができたから、テレビとかで名前だけは出さないでほしい」と連絡があったといい、これを受け斉藤さんは『人は変われるって簡単に言うけど、そうやって人を傷付けたりしてる人って、俺は根本的に変われないと思う』と語っていました。

斉藤さんが語った壮絶ないじめの内容は、ネット上で多くの反響を呼び「いじめの内容が酷すぎて苦しくなった」といった声をはじめ、

「背中を彫刻刀で刺された話など傷害事件ではないのか。イジメた張本人は何かの拍子に痛い目に遭ってしまえと思いたくなる」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク