『テラスハウス』木村花さん事件はまだ終わっていない 「ザ・ノンフィクション」出演者がヤラセを告発 ディレクターが強要か

『テラスハウス』木村花さん事件はまだ終わっていない 「ザ・ノンフィクション」出演者がヤラセを告発 ディレクターが強要か
拡大する(全1枚)

写真はイメージです。

『テラスハウス』の出演者の木村花さん(22)が亡くなった事件、ここにきて、動きがありました。

母、木村響子さんは6日、花さんに誹謗中傷をした人物たちに法的処置を取る事を明らかにしたのです。また社内で形式的に番組の制作過程検証を行なってお茶を濁したフジテレビ、および制作会社に対しても木村響子さんは抗議をしています。

そしてさらに、『テラスハウス』だけではない、フジテレビが「ヤラセ」をしたのではないかという疑問の番組が湧いてきました。

トランスジェンダーの出演者が「週刊女性」でヤラセを告発した『ザ・ノンフィクション』には、セクハラ、パワハラ、ヤラセ疑惑が他にもあることが本サイトの取材で判明しました。

苦闘しながらも情熱を持って生きる姿を取り上げたドキュメンタリー番組なので、数ヶ月は密着取材が行われるのですが、その過程で傍若無人に振る舞うディレクターもいるようです。

知人の紹介で知り合ったディレクターXに気に入られて、取材を受けることになったAさんは、取材以外の要件で、Xから公私混同したメールが頻繁に届くようになって悩んだそうです。

【めっちゃ、可愛いかった。返信いりません!】

節分の時期には、

【鬼は外、オマエはずっとオレのそば】

返信に困って、放置したら紹介者にXはクレームを入れるというので困ったものです。自炊する自宅のシーンを撮影する際に、番組の経費で、食材を買ってきたXはAさんの部屋に座りこんで、缶ビールを6本も飲んだそうです。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク