伊藤詩織さんだけではない 女性ライター告白「私も編集長からセクハラを受けました。屈辱でした」 メディアも自らも律するべき

伊藤詩織さんだけではない 女性ライター告白「私も編集長からセクハラを受けました。屈辱でした」 メディアも自らも律するべき
       

写真はイメージです。

元TBS社員、山口敬之氏から性暴力を受けた事を明らかにした(係争中)フリージャーナリスト伊藤詩織さんに対しての、あてつけとも取れる自民党杉田水脈議員の「女はいくらでも嘘をつく」旨の発言。

自民党幹部から厳重な注意をうけた訳ですが、セクハラ(伊藤さんの場合は「性暴力」ですが)は、伊藤さんや杉田議員の事を報じるメディア側にもはびこっています。

これは25年間くらいこの業界の末席にいれば、耳にする事なのです。

山口氏はゴリゴリの安倍晋三前総理大臣寄りの人でしたから、保守あるいはネット右翼と呼ばれるカテゴリーに入るものでしょうが、リベラルと言われる人たちのセクハラ問題も伝え聞いています。

伝聞だけではなく、事実、広河隆一氏はセクハラ・パワハラで世間にその悪行を「晒され」ました。広河氏は人権派カメラマンとして知られており、大御所でした。

また、サロンビジネスで一儲け、死ぬこと以外はかすり傷どころか大やけどを負った幻冬舎の自称天才編集者箕輪厚介氏(本当の天才は自称しない。というかそういうのは他者から評価されるもの)も女性ライターへのセクハラが公になりました。

ある女性ライターの話を思い出しました。起きた事は以前の事であり、この女性ライターも、もう蒸し返さないという意志なので全て匿名に致します。

「ある中小出版社で書いていました。私は水商売や風俗などでも働いていた事がありそういった体験で得たものをネタにしていました」(女性ライターAさん)


TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「セクハラ」に関する記事

「セクハラ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セクハラ」の記事

次に読みたい「セクハラ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。