ネタか? ファミマ『お母さん食堂』炎上を狙うツイートに反論噴出で撃沈状態 「ファミマさんはフェミさんの味方やん」

ネタか? ファミマ『お母さん食堂』炎上を狙うツイートに反論噴出で撃沈状態 「ファミマさんはフェミさんの味方やん」
       

写真はイメージです

ファミリーマートの惣菜ブランド『お母さん食堂』シリーズを批判するツイートが話題となり、これに対し多くの反論の声があがっています。

投稿されたツイートは「ファミリーマートでお惣菜を買おうとしたのですが、お惣菜コーナーに着いた瞬間この景色が広がっていて悔しくて泣いてしまいました。食事は「お母さん」が作るものと性で役割を固定し、女性の社会進出を拒むファミリーマートには怒りしか湧きません。何も買わないで急いで出ていきました…」といった批判コメントとともに、店内の売り場の写真をアップもの。

これに対しネットでは、


「『お母さん』が実は、慎吾ママという脈絡を背負ったおっさんであるというのは、自由な性自認を認めるもので、なかなか時代の先を行っていると思うのだが?」

「食事はコンビニで買うものだというスタンスのファミマさんはフェミさんの味方やん」

「おふくろの味とかそういうニュアンスも認めない人には社会進出してほしくない」

「カントリーマアムとかはいいのか?wレディーファーストは失礼だとかいわないのか?wそもそもレディーという呼称が差別的だとは言わないのか?wていうか、専業主婦はちゃんと社会的役割を担っている。職業を持つことだけが社会的役割を担う事ではない。専業主婦を蔑視すべきではない」

などと投稿コメントに反論する多くの声があがっていました。

そもそもファミリーマートの公式ホームページによると、総菜ブランド『お母さん食堂』は2017年9月にスタート。

・小さい頃、お母さんが作ってくれたような自然で温かみがあって、美味しい惣菜であること。

・いま仕事と子育ての両立で忙しいお母さん達が、子供や家族みんなに安心して食べさせられる食事であること。

という、この2つをコンセプトに商品展開しています。

また、少子高齢化、女性の社会進出、共働き世帯の増加、単身世帯の増加などを背景に、惣菜市場のニーズを受け、温めるだけなど食事準備の手間がかからない商品を開発しているようです。現在、売り上げも好調なようで、新商品も次々と投入されています。

過去にも、『お母さん食堂』というネーミングを問題視する声はありましたが、ブランド名を変更する事態には至っていません。今回のツイートは、ブランド開始から数年経っているので、ネットではバズらせるためネタではないかとの声もありました。

仮にネタツイートだったとしても、ファミリーマートのコンセプトでは、女性の社会進出を支援し負担を軽減する目的も兼ねているようなので、ツイートの主張とは異なるようです。

ツイートした方も『お母さん食堂』のコンセプトを理解していれば、飛躍した考えで怒りを覚えることもなかったかもしれません。(文◎デューク・テルゴ)

当時の記事を読む

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月4日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。