小林麻耶さんの言動がYouTubeで話題になる中 アノ有名漫画家も新興宗教に?

小林麻耶さんの言動がYouTubeで話題になる中 アノ有名漫画家も新興宗教に?
       

写真はイメージです。

「グッとラック!」(TBS系列)のコメンテーターを務めていたフリーアナウンサー小林麻耶さんが番組中、アメリ大統領選でMC立川志らく氏の意見と対立。バイデン氏の批判を繰り返し、かなり強烈にトランプ氏擁護の発言をしました。

それ自体は言論の自由であり、どう解釈するのかは個人の自由です。またコメンテーターはメインMCの意見と対立する事に何ら問題はないです。が、その後、小林麻耶さんが当番組の出演を見直された事から、「政治的発言が問題ではないか」「番組側はこのような事をしてよいのか」といった批判がネットや著名人から出ていました。

が、現在は事態は急転。YouTubeで「数秘」(すうひ)と呼ばれる聞いた事もない占いにはまったり、言動の様子に違和感を抱いた視聴者から「旦那さんの影響ではないか」ということが広まり、洗脳騒動に発展しています。つまり、「グッとラック」は番組側が小林さんの言動を鑑みて降りてもらった事が真相なようです。

洗脳される芸能人はX JAPANのTOSHIが有名でしたし、一時は元横綱貴乃花など挙げたら数多くいました。信仰の自由が保証されていますから、それ自体は問題がないと言えば問題がないのですが、周囲の人間たち、親族や恋人、友人などに迷惑をかける(グッズを売るなど)などするならば、それはよろしくない訳です。

また芸能人だけでなく、漫画家にも新興宗教にはまる人もいます。漫画家の作業は本当に重労働で、週刊誌連載作家は、ある程度連載が続いたら二、三回、あえて休む事が恒例となっています。もちろん、休載なしの鉄人的体力と精神力を持った漫画家もいます。

しかし、やはり体力と知力の疲弊は半端なものではなく、アルコールで発散したり、あるいは自己啓発セミナー、そして新興宗教にはまってしまう人もいます。

実は、超人気女流作家もそのひとりだと言われています。作品自体全く宗教じみたり啓発めいた事はなく、どちらかと言えばほのぼのとしています。が、やはり産みの苦しみを抱えていたのでしょうか。「ハマって」しまったようです。それが作品の内容に影響をないところを見ると、読者にとっては一安心ではあるのですが……。(文◎編集部)

あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。