格闘の申し子・平本蓮 RIZIN大晦日大会でMMAデビュー  「俺は独りじゃない。皆も独りじゃない。ファンの皆と一緒に勝ちにいく」(インタビュー後編)
拡大する(全5枚)


格闘の申し子・平本蓮 RIZIN大晦日大会でMMAデビュー  「俺は独りじゃない。皆も独りじゃない。ファンの皆と一緒に勝ちにいく」(インタビュー後編)

(この記事は『新生Kー1の申し子から格闘技の申し子へ 若き孤高の格闘家・平本蓮 RIZIN26大晦日に出陣 (インタビュー前編)』の続きです)

2020年の格闘技界を飾るにふさわしい試合が目白推しのRIZIN26。メインのRIZINバンタム級チャンピオン朝倉海選手と日本総合格闘技の至宝・堀口恭司選手との一戦。そしてカリスマ朝倉未来選手が敗戦直後の試合でどのようなカムバック見せるのか、などがネット上を賑やかしていますが、「メインよりも注目」と言われているのが、新生K-1から移籍しMMAデビュー戦の平本蓮選手と彗星のごとくRIZINに現れた萩原京平選手との一戦です。前半に続き、後半をどうぞ。

カート・コバーンとか独りぼっちじゃないですか。その美学が大好きなんですよね。自分もそうありたい

――「人間・平本蓮」の原点みたいなのを聞いていきたいのですが、平本選手は足立区出身ですよね。僕は世田谷生れで、その23区民から見ても、足立区って少し特別で面白い地域じゃないですか。友人も元上司も足立区生まれなのですけど荒川を渡ると「別の国」っていう感じがするんですけど、どんな街でした?

「僕は団地で育ったんですけど、裏の接骨院によく武田幸三(元キックボクサー)さんが来てたんですよ。団地のベランダから見てポルシェが停まってると、『あ、武田幸三がいる!』みたいな(笑)団地内の接骨院に武田幸三がいると異様な空気なんですよ。


この記事の画像

「格闘の申し子・平本蓮 RIZIN大晦日大会でMMAデビュー  「俺は独りじゃない。皆も独りじゃない。ファンの皆と一緒に勝ちにいく」(インタビュー後編)」の画像1 「格闘の申し子・平本蓮 RIZIN大晦日大会でMMAデビュー  「俺は独りじゃない。皆も独りじゃない。ファンの皆と一緒に勝ちにいく」(インタビュー後編)」の画像2 「格闘の申し子・平本蓮 RIZIN大晦日大会でMMAデビュー  「俺は独りじゃない。皆も独りじゃない。ファンの皆と一緒に勝ちにいく」(インタビュー後編)」の画像3 「格闘の申し子・平本蓮 RIZIN大晦日大会でMMAデビュー  「俺は独りじゃない。皆も独りじゃない。ファンの皆と一緒に勝ちにいく」(インタビュー後編)」の画像4
「格闘の申し子・平本蓮 RIZIN大晦日大会でMMAデビュー  「俺は独りじゃない。皆も独りじゃない。ファンの皆と一緒に勝ちにいく」(インタビュー後編)」の画像5