メルカリで『鬼滅の刃』コミックスの海賊版が売買か? 集英社が異例の「注意喚起」 アプリ側からは「売らずに処分しろ」

メルカリで『鬼滅の刃』コミックスの海賊版が売買か? 集英社が異例の「注意喚起」 アプリ側からは「売らずに処分しろ」
       

画像はイメージです

そんなこと許されるの?

人気漫画『鬼滅の刃』の海賊版が横行しています。実際につかまされたという人物も存在し、ネット上で「このご時世に紙の海賊版なんて出るのか…」「鬼滅ブームの威力ってここまであるんか」といった声が寄せられています。

集英社は18日、『コミックス「鬼滅の刃」(全23巻)を違法に印刷した紙の海賊版が、インターネット上で販売されていることが判明いたしました』と報告。正規品との違いとして『背幅(コミックスの厚み)が薄い』『4巻の表紙カバーの裏表紙の定価表記(本体400円+税)が罫線で囲まれていない』などといった特徴を上げ、『集英社では、返品・交換・真贋鑑定などの対応はいたしかねます。コミックスご購入の際は、十分ご注意くださいますようお願い申し上げます』と呼びかけていました。

しかし、すでに海賊版をつかまされてしまった人物がいたようです。フリマアプリで『鬼滅の刃』を全巻購入したという人物が、Twitterにて『先日、鬼滅の刃をメ○○○で購入したところ本が薄い。本屋に持ち込んで比較したが確かに薄い。そして印刷と裁断の悪さ。表紙の薄いビニールは裂けヨレヨレ』とつづり、それらの状態が分かる写真を投稿。集英社が発表した海賊版の特徴とも一致していると明かしていました。

ところが、フリマアプリからは『出品者から着払い返却の住所確認の連絡が無いので、決して売らずにそちらで処分して下さい』と指示されたそうで、投稿者はこうした対応について『メ○○○は海賊版を私に処分させて犯罪をスルーするんですか??』と疑問をつづっています。

この騒動に、ネット上では「このご時世に紙の海賊版なんて出るのか…」といった声をはじめ、

「いまさら紙の海賊本??って思うけどまあ売れるんだろうなぁ…鬼滅ブームの威力ってここまであるんかすごいと言っていいのか悪いのか…」

「メルカリで本を買う方が悪くないか?って思うけど、それはそれとして、ちゃんと海賊版売るやつを取り締まれよ、メルカリって思う」

「今はあまり外出しないから家にいても購入できるメルカリやAmazonなどでの被害が多そうだけれど、そのうち海賊版がBOOKOFF等のお店に持ち込まれて、気づかずに店頭に並んでしまったり…なんてことが起こりそう」

「書店で買えば間違いなしです」

といった声が寄せられていました。

『鬼滅の刃』にかぎらず、海賊版をつかまされたくなければ、正規のルートで購入するのが吉です。(文◎絹田たぬき)

あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。