平成の怪事件 なぜ?一体誰が? マンホールから遺体が発見 多摩保母マンホール事件現場

平成の怪事件 なぜ?一体誰が? マンホールから遺体が発見 多摩保母マンホール事件現場
拡大する(全1枚)

なぜマンホールの中に遺棄したのか(画像・編集部)

1997年1月14日、東京都多摩市の貝取という街で女性の遺体が発見されました。それもマンホールの中から。この1997年は5月27日に神戸市の中学校に児童の頭部が置かれていた事件が起こっています。偶然にも2つの怪事件が起きた年でもありました。後者は脅迫状を新聞社に出したところ、差出人が「酒鬼薔薇聖斗」となっていた事から「酒鬼薔薇聖斗事件」とも言われました。こちらは少年犯罪であり、劇場型でもあったため後者の事件が注目されました。が、多摩市のマンホール事件は未だ解決の糸が見栄ていない、いわゆる「未解決事件扱い」となっています。

また、同じ未解決事件扱いになっている「葛飾区上智大生事件」も起きています。1997年にはこのような悲しく謎の多い事件が起きた年でもあります。

なぜ、犯人はマンホールに遺体を遺棄したのか。遺棄しようと思ったのか。遺棄せざるを得なかったのか。あるいは遺棄する事が犯人にとって都合が良かったのか。ミステリーが多いのがこの事件の特徴です。

被害者は当時30歳代の女性。勤務先は保育園。児童から慕われていた保母さんだったという事です。周囲には京王線永山駅があり、徒歩で10~15分ほどの場所です。当時はスーパーがありました。現在は違う100円ショップになっていました。

動画の通り、周囲は家々が立ち並び、昼間は人通りも車通りも多い事がわかります。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク