熱演!能條愛未(元乃木坂46) 「新熱海殺人事件」荒井敦史、多和田任益、向井地美音(AKB46)、三浦海里、松村龍之介、愛原実花が魅せた

熱演!能條愛未(元乃木坂46) 「新熱海殺人事件」荒井敦史、多和田任益、向井地美音(AKB46)、三浦海里、松村龍之介、愛原実花が魅せた
拡大する(全1枚)

元乃木坂46能條愛未が「新熱海殺人殺人事件」で熱演

6月10日から6月21日の期間、新宿の紀伊国屋ホールで「新・熱海殺人事件」が公開されます。言わずと知れたつかこうへいの名作「熱海殺人事件」を「聖地」紀伊国屋ホールで行うというもの。演劇人でしたら誰もが憧れる劇場です。「熱海殺人事件」は、これまで様々な役者がこの劇に参加してきた伝統の作品。

初日の公演。カーテンが閉まったまま、最初は能條愛未と向井地美音の挨拶から始まります。と、思っていると自然と劇に入っていくハラハラするスタイルです。「熱海殺人事件」はさまざまなパターンで公開されていますが、「新・熱海殺人事件」は意外性や台詞回しなどに現代の時事ネタを入れたり、少しコミカルに作られていました。
お客さんからも、始終笑い声が絶えない展開。というところで、ダンスシーンを挿入したり、観客を飽きさせない内容。

初日10日は、つかこうへい氏の愛娘・愛原実花がヒロインを務めました。熱演でした。さすが元宝塚歌劇団で鍛えられています。木村伝兵衛部長刑事役の荒井敦史の存在感も抜群。「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でビデオジェニック賞を受賞後、「神様の轍」で主演。ヒット作「HIGH&LOW」などに出演。演技派です。

峯岸みなみが卒業コンサート AKB48最後の1期生の卒コン前インタビュー | TABLO 

元乃木坂46の能條愛未は水野朋子役。アイドル時代とはまた違う魅力を観客にアピール。熱演でした。スタイルが良いせいか舞台映えします。台詞も真に迫っており、演技に磨きがかかったという正に「舞台女優」です。コミカルな演技もシリアスな演技も、表情豊かで見ていて飽きさせません。新たな演技派女優誕生と言ったところでしょうか。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

能條愛未のプロフィールを見る
TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「能條愛未」に関する記事

「能條愛未」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「能條愛未」の記事

次に読みたい「能條愛未」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク