山梨・女児失踪事件だけではない 忘れてはならない全国で起きている行方不明者事件

山梨・女児失踪事件だけではない 忘れてはならない全国で起きている行方不明者事件
拡大する(全1枚)

写真はイメージです。

2019年9月に山梨県道志村のキャンプ場で失踪した小倉美咲ちゃん(当時小学1年生)に関連する捜査は今、大きな山場を迎えている。4月23日、人の骨とみられる頭骨の一部が見つかったのだ。それを受けて警察が山狩りをしたところ、美咲ちゃんが履いていたものと柄が一致する靴や衣類、肩甲骨の一部や手足と思しき細長い骨が続いて見つかった。頭骨をミトコンドリアDNA鑑定にかけた結果、母親との血縁関係が認められた。

母親のとも子さんは日々の報道に張り裂けそうな思いながらも、気丈にもコメントを出し続けている。
「まだ娘の物だと特定されたわけではない。今も娘の帰りを信じている」と。
直前まで元気だった女の子や若い女性が予兆もなく失踪してしまう。

●三重県・ポケベル女子高生行方不明事件

こうした事件は三重県で目立つ。

1997年6月に発生した北山結子さん行方不明事件がそのひとつ。事件高校3年生だった北山結子さん(多気郡明和町在住)が塾の採点のアルバイトを終えた後にいなくなっている。普段は迎えに来る母親と帰宅していたが、この日に限って「友人Aの家で勉強して帰る」と、家に告げていた。午後11時になっても結子さんが現れなかった事から友人Aは北山さんの実家に電話。それを受け、手分けして探すも見つけることができず、日付が変わった午後2
時頃、両親は警察に捜索願を出した。

心配した友人たちは、結子さんのポケベルにメッセージを入れ続ける。そのうちの一人である友人Bが自宅の番号を何度も入れて、返事を待ったところ、無言電話がかかってくるようになった。その相手に向かって、友人Bが話しかけたところ、男性Cが応えた。
事件が発生して2週間近くが経ったころ、BさんのところにCから「ポケベルを返すから取りに来い」という電話が入る。Bさんが実際にバス停に向かったところ、北山さんのポケットベルがその場所に置かれていた。


編集部おすすめ

あわせて読みたい

TABLOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク