伊藤健太郎に林遣都に松坂桃李も!「“未経験”男子」丸ハマりのイケメン俳優たち

伊藤健太郎に林遣都に松坂桃李も!「“未経験”男子」丸ハマりのイケメン俳優たち


 日本の18~39歳、4人に1人が「性交渉の経験なし」という研究結果を、東京大学とスウェーデンのカロリンスカ医科大学のチームが、4月8日付でイギリスの医学誌に発表した。男性の場合、雇用や収入に関連があるそうだが、実はリアルな男性だけでなく、映画やドラマでも「未経験男子」なキャラが描かれるケースが増えているのだ。



 ツッパリ青春ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)でトンガリ頭・伊藤真司を演じてブレイクした、伊藤健太郎は、18年12月放送のドラマ『この恋はツミなのか!?』(TBS系)で、恋愛経験がなく、コミュ障気味の冴えないサラリーマンの“未経験男子”を演じた。主役の多恵(柏木由紀)の胸の谷間が強調されるシーンになると、目を丸くして固まってしまうなど、女性を前にいつも動揺してしまうキャラだった。



 16年放送の春ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)では、松坂桃李が、女性経験がないまま20代後半を迎えてしまった、小学校教師の“やまじー”こと山路一豊を演じた。生徒の母と実習生と、2度もチャンスが訪れたものの、“捨てる”ことに失敗。性教育の授業中に女性のバストがうまく描けず、生徒にまで童貞いじりをされていた。



 ピュアな男性同士の恋愛を描いたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で、牧凌太を演じて視聴者を胸キュンさせた林遣都は、25歳の未経験男子3人組を描いた映画『チェリーボーイズ』(18年2月公開)で、見栄っ張りな主人公、国森信一を演じた。共演者たちは林の演技について「童貞にしか見えなかった」「目がヤバかった」と称賛していた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊大衆の記事をもっと見る 2019年5月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「安田顕」のニュース

次に読みたい関連記事「安田顕」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桜田通」のニュース

次に読みたい関連記事「桜田通」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「竜星涼」のニュース

次に読みたい関連記事「竜星涼」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。