今井華「バイブス」に鳥肌!? 現役ギャルのゆきぽよに警告!

今井華「バイブス」に鳥肌!? 現役ギャルのゆきぽよに警告!


 5月13日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、かつてギャル系タレントとして、カリスマ的存在だった今井華(26)が出演。自らの経験から、ティーンがしがちな勘違いを鋭く指摘し、話題となった。



 「バイブスバイブス言ってたらバイブスが激下がりしちゃった先生」として教壇に立った今井。久しぶりに会ったオードリー若林正恭(40)や平成ノブシコブシ吉村崇(38)からは「上品になったよね」と言われるほど雰囲気が変わっており、現在はギャル要素がほぼない状態になっていた。



 かつては気分や雰囲気を大まかに表す、“バイブス”という言葉を使いまくる“バイブスギャル”として、バラエティに引っ張りだこだった今井。



 “バイブス”という言葉が2013年の“ギャル流行語大賞”を獲得するほどノリにのっていたのだが、芸能界は“超個性怪獣”だらけ。バイブスだけでは通用しなくなり限界を感じるも、制作側からバイブスを使い続けるように言われ、次第に追い詰められていったそうだ。



 現在の今井にとって、“バイブス”という言葉は聞くだけで鳥肌が立ってしまう「死ぬほど嫌いな言葉」で、“バイブス恐怖症”に陥っているという。



 そんな今井がギャルに対し、内面は何も変えず、見た目だけで個性を出そうとすると、一見個性があるように思ってしまうが、「実は“自分には個性がありません”とタスキをかけているようなモノ」と語り、見た目だけ派手にしても、それは個性にはならないと力説。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊大衆の記事をもっと見る 2019年5月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「土屋アンナ」のニュース

次に読みたい関連記事「土屋アンナ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ラブリ」のニュース

次に読みたい関連記事「ラブリ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤江梨子」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤江梨子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。