『半沢直樹』続編決定報道で入るTBSの痛烈「朝のメス」

『半沢直樹』続編決定報道で入るTBSの痛烈「朝のメス」


やられたらやり返す、倍返しだ!!」のセリフで一世を風靡したドラマ『半沢直樹』(TBS系)の続編が、7年ぶりに制作されることが決まったと、5月21日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が報じている。



『週刊女性』の記事によると、続編は池井戸潤の小説『ロスジェネの逆襲』が原作で、2020年4月に放送がスタートすることになるという。



『半沢直樹』といえば2013年7月クールで放送され、平均視聴率は28.7%。最終回は平成のテレビドラマで最高となる42.2%、瞬間最高視聴率は46.7%と、『NHK紅白歌合戦』並みの視聴率を記録し、社会現象にもなった超人気作品。それだけにTBSは長らく続編制作を望んできた。



「主演の堺雅人(45)や所属事務所と幾度も交渉を重ねて、どうにか続編制作にこぎ着けたみたいですね。TBSはこれまで『半沢』の続編を制作するために、堺が所属する事務所にかなり気を遣ってきたんです。実は、『あさチャン!』が継続しているのも『半沢』があってこそだといわれています」(制作会社関係者)



『あさチャン!』は、元日本テレビアナウンサー夏目三久(34)がMCを務める、TBSの朝の情報番組。同番組は、みのもんた(74)の『朝ズバッ!』の後継番組として、『半沢』の放送翌年となる、2014年3月にスタートしている。だが、



「『あさチャン!』は視聴率が壊滅的な状態なんです。同時間帯の『めざましテレビ』(フジテレビ系)や『ZIP!』(日本テレビ系)、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)が7~10%取るのに比べて、『あさチャン』は4%台とダブルスコアをつけられることもザラ。本来ならば、打ち切りや、MCを代えるなどの抜本的なリニューアルも検討されるべき成績なのですが、MCの夏目が堺と同じ事務所に所属しているということで、『半沢』の続編をなんとか実現したいTBSは、事務所に忖度して手をつけられなかったといわれています。夏目も『半沢』に出演していましたしね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊大衆の記事をもっと見る 2019年5月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「下町ロケット」のニュース

次に読みたい関連記事「下町ロケット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルジャーノンに花束を」のニュース

次に読みたい関連記事「アルジャーノンに花束を」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。