能年玲奈「本人がネタ元」報道で続く『いだてん』の泥沼

能年玲奈「本人がネタ元」報道で続く『いだてん』の泥沼


 5月21日発売の『FLASH』(光文社)が、「のん 前代未聞の“裁判トラブル”」との見出しで、のん(本名・能年玲奈=25)の近況を報じた。のんは、来年公開予定の映画『星屑の町』でヒロインを務める。同作では歌手デビューを夢見る田舎娘という、2013年に主演を務めたNHK朝の連続テレビ小説あまちゃん』を彷彿とさせる役を演じることになるという。



 『あまちゃん』のヒロインとして、日本中のファンの心を掴んだ彼女。当時は、本名の能年玲奈で活動していたが、2015年1月に所属事務所に無断で個人事務所を設立したことで、事務所独立騒動が巻き起こった。さらに同年4月発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、当時の所属事務所と、関係が修復できないほど悪化していることが報じられている。



「『文春』の記事は、『あまちゃん』で主演を務めていた当時の月給が5万円だったこと、マネージャーが次から次に代わることなど、待遇の悪さを告発するものでした。所属事務所は“記事は事実無根”とし、記事により名誉を傷つけられたとして、発行元の文藝春秋などに計約1億3000万円の損害賠償などを求める訴訟を起こしました。今年4月に東京地裁が、記事の一部の内容について名誉毀損を認め、文春側に計660万円の賠償を命じる判決が下されました」(夕刊紙記者)



 文藝春秋はこの判決を受けて、即日控訴。『週刊文春』のホームページでは裁判に関するコメントを全文掲載している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 能年玲奈 あまちゃん
  2. 能年玲奈 事務所
日刊大衆の記事をもっと見る 2019年5月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「能年玲奈 + 事務所」のおすすめ記事

「能年玲奈 + 事務所」のおすすめ記事をもっと見る

「能年玲奈 + あまちゃん」のおすすめ記事

「能年玲奈 + あまちゃん」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「土屋太鳳」のニュース

次に読みたい関連記事「土屋太鳳」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。