許せん! 安倍晋三首相がバラ撒いた「血税60兆円」の内訳

許せん! 安倍晋三首相がバラ撒いた「血税60兆円」の内訳


「誰の政治ですか。税金は安倍総理のポケットマネーではありません!」と、社民党の福島瑞穂議員が国会で追及したのは昨年1月のこと。第2次安倍政権発足以降、54兆3621億円を外国へバラまいていることへの発言だが、その額は増える一方なのだ。



「この6月12日にも、安倍晋三首相は集中審議をドタキャンしてイラクに出発。“老後2000万円”問題で揺れる国会を離れてまで“米国とイランの橋渡し”をするとの触れ込みでしたが、トランプ米大統領からは、“取引は時期尚早”と不快感をにじませるようなツイートをされる始末です」と言うのは全国紙政治部記者。さらに、こう続ける。「イランの洪水被害に対し、2億7500万円の緊急無償援助を約束しましたが、永田町では“金を払わないと会ってくれないのか”という声も聞こえてきます」



 なんの成果もないまま続けられるバラまきに対し『社会新報』編集次長で、ジャーナリストの田中稔氏は呆れ顔で、こう語る。



「福島氏の質問から約1年半。この間の新たな海外バラまき分として、6月のトランプ来日でF35戦闘機105機購入約束で1兆2000億円、イージス・アショアは基地建設も含め8000億円など、トランプ政権発足後に5兆円超も米国に差し出していることなどを合わせれば、60兆円はバラまいているでしょう。本当は、こういう巨額資金は国会の同意を得るべきなのに、閣議決定だけで行われる。一方で、国民の社会保障は削られるばかり。本当におかしな話です」



 さらに、あるベテラン代議士秘書は、こう漏らす。「海外への支出の多くは、各国現地でのインフラ工事を我が国の大企業が受注するためのまき餌。焦げつき分も多く、得をするのは自民党政権と癒着した大企業。今年1月のプーチンとの会談(2016年に3000億円の経済援助を約束)もそうだが、バラまき外交の成果はほぼ皆無です」



 これまで75回外遊し、延べ150か国以上を巡った安倍首相。「スタンプラリー外交」という批判も、あながち外れてないかも!?

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊大衆の記事をもっと見る 2019年6月30日のライフスタイル記事
「許せん! 安倍晋三首相がバラ撒いた「血税60兆円」の内訳」の みんなの反応 1680
  • 匿名さん 通報

    大雨で首相「命守る行動を」|ニフティニュース ←安部首相はイージス・アショアやF35のほうを、「被災地のいのち」より重いと考えているようです。その爆買い出費(税金)、被災者救援に回してください

    158
  • 匿名さん 通報

    安倍晋三の頭の中は やんちゃな中学生ていど、タレントや芸人と頻繁に食事して 票を集めたいだけ。ダメ総理でも プライドぐらいモテてよ。

    134
  • 匿名さん 通報

    官僚の皆さん、公務員のみなさん!今度こそは野党共闘の候補者に投票しましょうね。そして野党が勝ったら自民党の仕事はサボタージュしましょ!貴方のため、子どものためですよ。

    115
  • 匿名さん 通報

    安倍政権が“嫌韓感情”の禁輸措置 経済損失は億単位超え /日刊ゲンダイ←ケタが違うよ! 韓国人観光客の日本での年間消費額だけでも5842億円、部品や材料輸出は約6兆円、日本側の損害のほうが大きいよ!

    73
  • 匿名さん 通報

    一昨日まで、「自由貿易」って バカの一つ覚えみたいに 言ってたのにね!

    37
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「年金」のニュース

次に読みたい関連記事「年金」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。