麒麟・川島明『なつぞら』有田哲平以来の大役で俳優としてブレイクか?

麒麟・川島明『なつぞら』有田哲平以来の大役で俳優としてブレイクか?


 連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)は、ヒロインのなつ(広瀬すず/21)が念願のアニメーターとなり、“お仕事ドラマ”として波に乗ってきた。なつを取り巻く先輩たちはいずれも個性的だが、先日の放送でもなつと、ある先輩アニメーターとのやりとりがすてきだった。まずは6月19日の放送を振り返ってみよう。



 東洋動画のアニメーターになったなつは、行方知れずの妹を思いながらも次回作『わんぱく牛若丸』のキャラクター、常盤御前のイラスト案を仕上げる。翌日、会社に遅刻したなつだが、仲(井浦新/44)の推薦もあり、なつのイラスト案が候補のひとつに選ばれた。しかしなつはそれでも妹のことで気落ちしていて、下山(川島明/40)はそのことを見抜く。下山は落ち込むなつに、かつての警察官時代の話をして励ますのだった。



 感動話を披露したり、「奇跡なんてもんは案外、人間が当たり前のことをする、勇気みたいなもんだよ」と名言が飛び出すなど、この回の主役は下山役である麒麟の川島明だった。なつを演じる広瀬すずとの2人芝居に動じることなく、見事にアニメーターの先輩、下山を演じきっていた。これには、ツイッターのトレンドワードに「麒麟川島」の名前が挙がったほどだ。



『なつぞら』が始まった当初こそ、ただのちょい役と思われていた川島だが、ここにきて少しずつその存在感を増してきている。川島の優しく実直そうな人柄が、とぼけたところがありつつ人間味のあふれる好青年、下山役に見事ハマっているのだ。下山は後に『ルパン3世シリーズ』の作画監督を務めたことで知られる、伝説のアニメーター、大塚康生がモデルとも言われている。それだけに今後も川島の演技には注目したい。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊大衆の記事をもっと見る 2019年6月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。