長嶋一茂「不倫はしてもいい」極論を熱弁!「“伝説”を作ってる」

長嶋一茂「不倫はしてもいい」極論を熱弁!「“伝説”を作ってる」


 6月19日放送の『長嶋一茂石原良純いきなりやってみた!』(テレビ東京系)で、「芸能界一、歯に衣着せぬ物言いをする“ミスター極論”」と呼ばれる長嶋一茂(53)が不倫を容認する姿勢を見せ、物議を醸した。



 トーク冒頭では、2017年9月に北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過した際、「北朝鮮のミサイルごときでギャーギャー言うな!」と発言、最近の体罰問題でも「信頼関係」があれば肯定という姿勢を見せるなど、過去の一茂の言動が紹介された。



 この日は、テリー伊藤(69)やカンニング竹山(48)、カリスマ天才編集者の箕輪厚介(33)らを交えて、スタジオで徹底討論。「体罰」や「スマホ育児」について一茂が極論を連発し、論客たちと激アツバトルを繰り広げた。そして番組終盤、「不倫」がテーマに。



 かつて『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、不倫疑惑で引退を表明した小室哲哉(60)についてコメントを求められ、「不倫がすべて悪いとは思わない」「各家庭で納得していれば不倫をしてもいい」と述べたことを引き合いに出されると、「はい、その通り」とあらためて肯定する一茂。



 そして、実名はピー音で伏せられたが、「某球団の有名プロ野球選手が浮気をしたときに、その夫人がこう言いました。“ただの犬の小便”」「この裏には何があるかっていうと、納得はしてないけれども、そういう(不倫という不貞行為に対する)考え方、いわゆるその夫人の器量ですよ」と、プロ野球選手のケースを例に挙げ、“不倫は妻の器量次第”だと熱弁をふるった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 長嶋一茂 コメンテーター
日刊大衆の記事をもっと見る 2019年6月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「長嶋一茂 + コメンテーター」のおすすめ記事

「長嶋一茂 + コメンテーター」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「薬丸裕英」のニュース

次に読みたい関連記事「薬丸裕英」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュース

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。