宇垣美里、太川陽介と一触即発の『旅バラ』に賛否の声相次ぐ

宇垣美里、太川陽介と一触即発の『旅バラ』に賛否の声相次ぐ


 俳優でタレントの太川陽介(60)と漫画家の蛭子能収(72)の冠旅番組『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京系)で、元TBSアナウンサー宇垣美里(28)がマドンナとしてバス旅に初参戦。リーダーを務める太川と意見が合わずに険悪ムードになってしまい、視聴者から賛否の声が寄せられたようだ。



 この様子が見られたのは10月30日放送の2時間スペシャルで、1泊2日のバス旅で静岡県の三保の松原から山梨県の清里を目指す企画でのこと。初日は乗るはずだったバスの最終が14時40分だったため予定の5分の1しか進めなかったが、余った時間で観光するなど、一行の雰囲気は穏やかだった。



 しかしバス旅の2日目、宇垣が河口湖を迂回して確実に進めるコースを提案したのだが、前日の遅れを取り戻すため、太川は「ショートカットできる」からと精進湖を北上する最短ルートを選択。しかし、バスを降りると期待した観光案内所はなく、さらにタクシーを呼ぶのにも40分かかるというピンチに陥ってしまう。



 足止め状態になると知った宇垣の視線は冷たく、太川が「そんな目で責めないで、僕を」と訴えると、宇垣は「私は言った。けっこう何度も(迂回コースで行こうと)何度も言った」と、怒りを押し殺すようにひとり言をつぶやいていた。



 そして、次のバス停でも3時間待ちになってしまっため、太川と蛭子は近くの温泉でひと休みすることに。お湯に浸かりながら、太川が「美里ちゃん、相当カリカリきているね」と苦笑いすると、険悪なムードを察したのか、蛭子にしては珍しく「女の人の言うことは聞いておいたほうがいいよ」とアドバイスした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

宇垣美里のプロフィールを見る
日刊大衆の記事をもっと見る 2019年11月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「出水麻衣」のニュース

次に読みたい関連記事「出水麻衣」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有働由美子」のニュース

次に読みたい関連記事「有働由美子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山崎夕貴」のニュース

次に読みたい関連記事「山崎夕貴」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。