井原六花「ねっとり」「たまらない」すさまじい“愛”を語り、出川哲朗「スレないでいて」

井原六花「ねっとり」「たまらない」すさまじい“愛”を語り、出川哲朗「スレないでいて」


 11月1日に放送された『沸騰ワード10』(日本テレビ系)に、NHK連続テレビ小説『なつぞら』にも出演し、話題を集めた伊原六花(20)がゲストとして登場した。今回、ゲストが最近“取りつかれている”ものを調べるため、密着取材を敢行。伊原がサツマイモにハマっていることが発覚する。伊原は2年前に上京して以来、さまざまなサツマイモの品種や食べ方の研究をスタート。サツマイモに関する情報をメモした“芋ノート”を作るほど夢中だという。



 伊原はまず、行きつけの浅草のサツマイモ菓子専門店へ足を運んだ。手慣れた様子で注文を済ませた伊原は、自身を“芋女”と名乗り、「大好きです」と宣言。食べ比べるために「あずま」と「さつま」の2種類を同時に頼むというこだわりを見せ、「あずまは周りがけっこうパリパリで中がホクホク系です」「さつまは甘みがけっこう強めで、しっとりなめらかな感じ」と食レポした。次に豪徳寺の焼き芋専門店も訪問。イチオシの「ハロウィンスイート」という品種を頼み、「ねっとり系です。サツマイモの中にカボチャの風味がけっこう強め」と解説をし、豪快にかぶりつきながら「めっちゃおいしい。もう死んでもいいです」とうっとりした表情を浮かべた。このVTRを見ていた出川哲朗(55)は、「かわいい」「このままスレないでいてほしい」と感想を漏らしていた。



 ハイテンションでサツマイモ愛を語る伊原の姿に、ネットでは「サツマイモにはしゃぐ六花ちゃん、本当にかわいかった!」「見てるこっちまで幸せな気持ちになるいいリアクション&食リポ」「気持ちいい食べっぷり」「おならに、気をつけてw」「まさか芋女(笑)だったとは!」「無邪気な笑顔が素敵」「見てるだけで癒される」「伊原六花ちゃん、すさまじいサツマイモ愛、推せる!」「ひたすらにサツマイモ料理作って与えたい」とザワつくファンが続出。



 番組では他にも伊原がサツマイモの聖地である川越でスイーツショップを巡ったり、種子島でサツマイモ掘りしたりと、サツマイモ尽くしのロケを堪能。伊原は放送終了後、自身のツイッターに「プライベートで行くお店や川越、種子島にも行かせてもらって幸せすぎるロケでした!!! 本当に美味しくて美味しくてたまらなかったです」というコメントを投稿。筋金入りの“芋女”ぶりを見せていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 出川哲朗 Instagram
出川哲朗のプロフィールを見る
日刊大衆の記事をもっと見る 2019年11月8日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「出川哲朗 + Instagram」のおすすめ記事

「出川哲朗 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「渡辺直美」のニュース

次に読みたい関連記事「渡辺直美」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。