市原隼人「もともと苦手だった」という役者を続ける理由を告白

市原隼人「もともと苦手だった」という役者を続ける理由を告白


 11月12日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に俳優の市原隼人(32)が出演。市原の出世作ともいえるドラマ『ROOKIES』(TBS系)放送から今年で11年目。今なお第一線で活躍する俳優たちが多数出演していた『ROOKIES』について、市原が当時を振り返った。市原がMCの笑福亭鶴瓶(67)と最後に会ったのは『ROOKIES』の頃で、今回が10年ぶりの再会となった。偶然、収録日前日に出演者の一人である桐谷健太(39)から「みんなで久しぶりに集まりたいね」と同窓会の誘いがあったという。



 今でも仲がいいメンバーたちについて、鶴瓶が「みんな、でもよう頑張ってるよな」「あんだけのメンバーおって」と感心すると、市原は当時を振り返り「楽しかったですね。男で固まっていたので、言いたいこともストレートに言えますし、ケンカもできるし」と、撮影を通して何でも言い合える仲だったことを明かした。それは演技に対しても同様で、「お前、その芝居でいいの?」と指摘し合ったり、「あのシーンもう1回、僕の表情をもう1回撮り直したい」と言い出すメンバーもいたと振り返り、そんな仲間たちに市原も触発され「こっちもやっぱり悔しくて、もっと見せ方ばっかりじゃなくて在り方も大切にして、もっと役としてやれないかな」と全力で芝居と向き合っていたと語った。



 市原は写真や動画を撮られることに抵抗があり、「役者ももともと苦手だった」が、『ROOKIES』を見た病気やいろいろな不安と闘っている人や子どもたちから「作品見ると頑張れます」と言われたことで、「そのためにまた、何かできないだろうかという気持ちが湧いてくる」と、役者の仕事に真摯に向き合えるようになったと告白。将来については、「役者は続けていきたいですね。どんな年くっても」「80(歳)でも、90(歳)でも。役によって人生が変わると思う」と生涯現役を宣言した。そんな市原に、鶴瓶は「そんなまじめやった?」と驚いていた。



 視聴者からも「シャイなところもまじイケメン♪」「『ROOKIES』すごい好きだった。もう11年にもなるのかぁ」「メンバーほとんどが今も活躍してるのがスゴイ」「市原隼人がめったに出ないトーク番組に出てくれてうれしい」「市原隼人がマジで好きすぎる」「この番観て市原隼人がマジメで好感度超UP」「なんかしゃべりと笑顔がかわいいんだよね」といったコメントが続出した。



『ROOKIES』メンバーの同窓会、ぜひとも見てみたい!

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 市原隼人 Instagram
  2. 市原隼人 ドラマ
  3. 市原隼人 映画
市原隼人のプロフィールを見る
日刊大衆の記事をもっと見る 2019年11月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「市原隼人 + 映画」のおすすめ記事

「市原隼人 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「市原隼人 + ドラマ」のおすすめ記事

「市原隼人 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。