2億6000万円以上の資金調達を達成!手のひらサイズなのに、最大240インチ出力の超小型モバイルプロジェクター「PIQO」、Makuakeにて国内販売開始

2億6000万円以上の資金調達を達成!手のひらサイズなのに、最大240インチ出力の超小型モバイルプロジェクター「PIQO」、Makuakeにて国内販売開始
昨年、クラウドファンディングIndiegogoで2億6000万円以上の資金調達を達成し、好評を博した超小型モバイルプロジェクター「PIQO(ピコ)」。この「PIQO」を日本国内で入手するチャンスがやって来た。

株式会社Earth Ship(アースシップ)は、最大で240インチの投影が可能な超小型フルHDモバイルプロジェクター「PIQO」を、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、2019年6月15日より先行販売を開始した。

・超小型モバイルプロジェクター「PIQO」は高性能&多機能

2億6000万円以上の資金調達を達成!手のひらサイズなのに、最大240インチ出力の超小型モバイルプロジェクター「PIQO」、Makuakeにて国内販売開始
「PIQO」は、自宅や外出先でのメディア視聴を、映画のような非日常的な体験に変えることができる超小型モバイルプロジェクター。

人気の理由は、コンパクトな形状、や投影サイズだけでなく、フルHD画質、WiFi、Android搭載、内蔵バッテリー、内蔵ストレージなど、高性能&多機能を誇ること。

機能について、詳しく紹介しよう。

◆大きさは、5.7cmのコンパクトサイズでワイヤレス接続可能
このプロジェクターの大きさは、5.7cmの手のひらサイズで、iPhone8どころか、iPhone6の幅(67.0mm)よりも小さいのが特徴。カバンはもちろん、ポケットに収まるほど。

コンパクトで持ち運びしやすいので、ビジネスシーンはもちろん、学校やキャンプなどの屋外活動でも活躍する。オプションのポータブルスクリーンを使えば投影も簡単におこなえるという。使い方はいたって簡単。「PIQO」の電源ボタンを押すだけで、起動までの時間は1分弱。ケーブルの接続の手間も不要だ。


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る 2019年6月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。