KanexのiPad Pro用ドックステーションは6-in-1! 100ドルで今月発売

KanexのiPad Pro用ドックステーションは6-in-1! 100ドルで今月発売
iPad Proを使ってあらゆる作業をしたい、というiPadユーザーは要チェックの新USB-CハブをKanexが発表した。

6つのポートを備えたハブで、iPadの角に設置して一体化させられるのであらゆる作業がスムーズにできるようになる。

・オーディオジャックも

KanexのiPad Pro用ドックステーションは6-in-1! 100ドルで今月発売
ハブはiPadを横向きに置いた時に右上にくるコーナーに取り付ける。ハブからのびる短いケーブルをiPadのUSB-Cポートにさして連動させる仕組みだ。

iPadのUSB-Cポートを占領することになるが、ハブにもUSB-Cポートはあるので心配は不要だ。USB-Cポート以外にはUSB-Aポート、HDMIポート、3.5ミリオーディオジャック、SDカードとマイクロSDカードのスロットが搭載されている。

・iPad機能をフル活用!

KanexのiPad Pro用ドックステーションは6-in-1! 100ドルで今月発売
これだけそろっていると、カメラのSDカードに入っている動画や写真をとりこんだり、音楽をヘッドフォンで聴いたりといったiPadで行うほとんどの作業がそれぞれのアダプタを使うことなくでき、バージョンアップしている新iPadの機能を余すところなく活用できる。

AppleのSmart Folioキーボードと使えるのも嬉しい。

ハブは11インチ、12.9インチ用が用意されていて、価格は99.95ドル(約1万1000円)。現在サイトでプレオーダーを受け付けていて、今月にも発売される。

Kanex

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る 2019年6月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。