一刻を争う水難時に! プロペラ付きの救命ブイ「Dolphin 1」は遠隔から操作できる

一刻を争う水難時に! プロペラ付きの救命ブイ「Dolphin 1」は遠隔から操作できる
溺れたり沖に流されたりしている人を発見した場合、ただちにSOS通報をするだろう。しかし、一刻を争う状況ではレスキュー隊の到着を待っていられない。

そんな状況を想定して、水に投げ込んで水難者の元まで遠隔操作で向かわせることができるスマート救命ブイ「Dolphin 1」が開発された。

・最高時速15キロ

一刻を争う水難時に! プロペラ付きの救命ブイ「Dolphin 1」は遠隔から操作できる
Dolphin 1はプロペラ2つを内蔵し、搭載するバッテリーでプロペラを動かして進むことができる。最大のポイントは、遠隔からのワイヤレス操作に対応すること。手に持つコントローラーと500メートルの範囲で連携する。

Dolphin 1の最高スピードは時速15キロ。世界トップの水泳選手の泳ぐスピードでも時速10キロに満たないことを考えればなかなかの速さだ。そしてDolphin 1そのものはブイなので、水難者は到着したDolphin 1のロープやハンドルにつかまって浮力を確保することができる。

・駆動時間30分

一刻を争う水難時に! プロペラ付きの救命ブイ「Dolphin 1」は遠隔から操作できる
また、Dolphin 1につかまって浮いた状態でそのままレスキュー隊の救助を待ってもいいが、Dolphin 1は救難者を岸などに引っ張ってくることも可能だ。

Dolphin 1の駆動時間はフル充電で30分。少なくとも水難者の元に到着させるには十分だろう。海上では波があるなどしてDolphin 1がひっくり返ることも想定されるが、そうした場合でもリモコンで元に戻すことができるのだという。

開発元の香港企業OceanAlphaによると、Dolphin 1はすでに生産が始まっていて、予定小売価格は5500ドル(約59万円)になる見込みという。

OceanAlpha

(文・Mizoguchi)

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る 2019年7月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。