自動で音質を調整! Sonos初のポータブルスピーカー「Move」、9月24日に発売

自動で音質を調整! Sonos初のポータブルスピーカー「Move」、9月24日に発売
頑なにWi-Fi接続にこだわってきた音響機器メーカーSonosから、ようやくBluetooth対応のポータブルスピーカーが発表された。Wi-FiとBluetoothどちらも使える「Move」だ。

内蔵バッテリーで10時間駆動し、屋内外で音楽を楽しめる。ポータブルさに加え、環境に応じて音質を自動調整する機能もセールスポイントだ。

・片手で持ち運び

自動で音質を調整! Sonos初のポータブルスピーカー「Move」、9月24日に発売
Moveはポータブルという割にはやや大きな印象。円柱形で高さは約25センチあり、Sonos Oneよりも一回り大きい。片手でわしづかみする、というサイズではないが、持ち運びしやすいように背面にくぼみを設け、そこに手を引っ掛けることができる。

Wi-FiとBluetoothどちらにも対応し、ボタン一つで切り替え可能だ。また今回Wi-Fi無線とアンテナを強化したとのことで、ベランダなどではそのままWi-Fiが使用できるようだ。

・マッピングは不要

自動で音質を調整! Sonos初のポータブルスピーカー「Move」、9月24日に発売
音質で定評のあるSonosだが、今回Moveには、スピーカーが置かれた環境に合わせて音質を自動調整する「TruePlay」が加わった。

これまでのSonosスピーカーではユーザーがiPhoneなどを持って部屋の中を歩き回って部屋をマッピングするなど、TruePlayはマニュアル操作だったが、Moveでは搭載マイクを使ってものの30秒ほどの再生で自動調整するとのこと。

自動で音質を調整! Sonos初のポータブルスピーカー「Move」、9月24日に発売
また、ポータブルスピーカーで気になるのがバッテリーの持ちだが、Moveは10時間駆動する。バッテリーは専用のチャージャー、もしくはUSB-Cケーブルでつないで充電する。

バッテリー寿命は充電900回分ほどで、取り外して新しいものに交換することが可能とのこと。

Moveは9月24日に世界同時発売され、価格は399ドル(約4万3000円)。

Sonos

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る 2019年9月6日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら