新iPadのディスプレイは10.2インチ! 専用OS搭載して出荷

新iPadのディスプレイは10.2インチ! 専用OS搭載して出荷
Appleは10日に開いたスペシャルイベントで、iPad第7世代も発表した。スクリーンは前モデルから大きくなって10.2インチ。初めてiPad専用OSを搭載して出荷されるモデルとなる。

複数のアプリが同時に使えたり、Smartキーボードに対応したりと使い勝手が格段によくなっているが、価格は最もベーシックなWi-Fi対応32GBモデルが3万4800円(税別)~と、エントリー向けとなっている。9月30日発売。

・PC代わりに

新iPadのディスプレイは10.2インチ! 専用OS搭載して出荷
スクリーンは大きい方がいい、という人にはうってつけだろう。しかも絵を描いてよし、映画を観てよしの高精細なレティーナディスプレイだ。

画面が大きくなるとPC代わりとしての活用度も高まるが、それをサポートするようにエントリーモデルとしては初めてSmartキーボードに対応する。キーボードを使えば入力が早くなり、作業効率も上がる。もちろん、Apple Pencilも使える。

・フル充電で最大10時間

新iPadのディスプレイは10.2インチ! 専用OS搭載して出荷
また、搭載するA10 Fusionチップで、4Kビデオの編集やグラフィックスを多用しているゲーム、ARアプリの体験がかなりスムーズなものになる。そしてこのチップはバッテリー効率がいいのもポイントで、フル充電で最大10時間駆動するのも心強い。

一方、iPad OSではマルチタスクキングできるのが売り。書類を作成しながらFaceTime通話をしたり、写真を閲覧したりといったことがサクサク行える。

新iPadのディスプレイは10.2インチ! 専用OS搭載して出荷
iPadを出先に携帯する人は多いかと思うが、重さはWi-Fiモデルが483グラム、Wi-Fiにセルラーがついているモデルでも493グラムなのでまず許容範囲だろう。カラーはスペースグレイ、シルバー、ゴールド。

ストレージは32GBと128GBが用意され、32GBでWi-Fiにセルラーも付いているモデルだと4万9800円(税別)となる。ストレージ128GBの場合、Wi-Fiのみで4万4800円(税別)。Wi-Fi、セルラー共に対応するタイプだと5万9800円(税別)。

Apple

あわせて読みたい

気になるキーワード

Techableの記事をもっと見る 2019年9月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら