本物のキハダマグロ並みに速く泳ぐロボットを開発 「Tunabot」

記事まとめ

  • 米大学の共同研究チームが、本物のキハダマグロのように速く泳ぐロボットを開発した。
  • Tunabotは尾ひれをパタパタ動かし、毎秒0.4メートルで9キロ泳ぐ。
  • この研究は水中での乗り物を効率よく航行させることが最終目的となる。

魚ロボット「Tunabot」は本物のキハダマグロ並みの速さで泳ぐ!

魚ロボット「Tunabot」は本物のキハダマグロ並みの速さで泳ぐ!
航空機など飛行物体を開発するとき、技術者はいかにして揚力を得て効率的に飛行できるかといったことを鳥から学ぶ。同様に、水中のロボットに関しては魚から学ぶ、というのは自然のことだろう。

米大学のチームはその“原理”に従って研究を行い、本物のキハダマグロのように速く泳げるロボットの開発に成功した。

・実物を模したデザイン

魚ロボット「Tunabot」は本物のキハダマグロ並みの速さで泳ぐ!
ヴァージニア大学とハーバード大学の共同研究チームが開発したロボットの名称は「Tunabot」。本物のマグロは体長2メートルほどに成長するが、Tunabotは体長25.5センチとミニチュアだ。

丸い胴体に尾ひれと、実物を模したデザイン。搭載したバッテリーで尾ひれをパタパタを動かして推進力を得ている。

・毎秒0.4メートルで9キロ泳ぐ

魚ロボット「Tunabot」は本物のキハダマグロ並みの速さで泳ぐ!
研究チームはこのTunabotの推進力を確認するためにタンクの中で泳がせて実験を行なった。レーザーをもとに流体運動を分析したところ、最大スピードは同等サイズの本物のマグロを同じであることがわかった。

また、テストでは10Whの電池を搭載した場合、毎秒0.4メートルというスピードであれば9キロ泳ぐことが可能とのデータが示された。スピードを毎秒1メートルに上げると、距離は4キロほどになるという。

もちろんこの研究はただロボットを泳がせて終わりではなく、水中で無人または有人の乗り物を効率よく航行させることが最終目的となる。そして国土安全保障省の調査ロボットのようなものに活用されることを想定しているとのこと。

この研究に関する論文は専門誌Science Roboticsに掲載された。

University of Virginia

(文・Mizoguchi)

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月23日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。