MITが温度で複雑に変化する3Dプリントシートを開発、平らなメッシュシートが人の顔に!

MITが温度で複雑に変化する3Dプリントシートを開発、平らなメッシュシートが人の顔に!

Image: Lori K. Sanders

MITの研究チームが、環境の温度変化に応じて複雑に変形する構造を開発した。同技術は、OrigamiRobotのようなものよりも複雑な構造に変化し、どのような形にするかは事前に設計することが可能だ。

将来的には、状況によって機能が変わるソフトロボットの人工筋肉や、自動で展開するテントなどが作れる可能性があるという。

今回デモンストレーションとして3Dプリントされたメッシュシートは、温度の変化に反応して人間の顔の形に変形する。

・3D描画された目的の形に向けて逆算する

MITが温度で複雑に変化する3Dプリントシートを開発、平らなメッシュシートが人の顔に!

Image: J. William Boley

フラットなメッシュシートを設計するにあたって、まず目標となるオブジェクトを描画。変形に必要なパターンを計算して構造に反映する。

研究チームはまず、ガウスの顔を3D描画。この画像から、フラットなシートが顔の形状になるまでの、各パートの膨張/伸縮距離をマップに落とし込んだ。求められた距離に変形できるパーツ構成を計算するアルゴリズムを考案。温度が上昇すると膨張するゴム素材「PDMS」を利用し、さらには、素材にガラス繊維を注入することで、温度応答性を調整している。

メッシュシートを3Dプリントした後は、250℃のオーブンで硬化させ、取り出してから塩水に入れて冷却。するとそこには人の顔の形が現れた。

・同時に複数の折り目をつけるのは至難の業

一見シンプルそうに見える同技術開発にあたってはかなりの苦労があったようだ。シートが目標の形状に変形する際の膨張/収縮距離を求める計算式を考え出し、シミュレートするまではよかった。だがリアルな素材では伸縮に物理的制約があり、フラットな状態から同時に複数の折り目をつけるほど伸縮させることは不可能だと気づいたという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Techableの記事をもっと見る 2019年10月2日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。