ヒュンダイと電気自動車サブスクの「Canoo」がEVプラットフォームの共同開発を発表!

ヒュンダイと電気自動車サブスクの「Canoo」がEVプラットフォームの共同開発を発表!

Image: Canoo

Hyndai Motor Group(ヒュンダイ)がロサンゼルス拠点のスタートアップ「Canoo」と電気自動車(EV)プラットフォームの共同開発を発表した。2017年12月に設立のCanooは、2021年までのEVサブスクリプションサービス開始を計画している。

一方ヒュンダイは、今後5年間で未来の自動車技術に870億ドル(約9兆6000億円)を投資するとの気合の入れようで、このうち250億ドル(約2兆7000万円)をグループ傘下の起亜によるEV/モビリティ技術開発促進に充てるとのこと。起亜は2025年までに、環境にやさしい車の売上を全体の25%にしようとしている。

・スケートボードアーキテクチャで生産プロセスをシンプルに

ヒュンダイと電気自動車サブスクの「Canoo」がEVプラットフォームの共同開発を発表!

Image: Canoo

ヒュンダイは、スマートモビリティソリューション戦略を打ち出していて、CES 2020で発表したPBV(Purpose Built Vehicles)は、移動する商店や食堂、病院なんかの役割を持たせられる。

CanooのEVは、シャーシにバッテリーや電気駆動系を収容する「スケートボードアーキテクチャ」を採用していて、上に載せる車体のデザインは自由だ。市場の需要に迅速に対応できるほか、部品数や重量も少なく、ひとつのコンポーネントができるだけ多くの機能を担うのが特徴。これにより、生産プロセスが簡素化され生産コストも削減できる。

Canooの同技術に目を付けたヒュンダイは、さっそくEVプラットフォームの共同開発に乗り出したわけだ。


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「スタートアップ + ドラマ」のおすすめ記事

「スタートアップ + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ベンチャーキャピタル」のニュース

次に読みたい関連記事「ベンチャーキャピタル」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日のIT記事

キーワード一覧

  1. スタートアップ ドラマ

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。