目をそらしてはいけない「5Gが抱える課題」。インフラ整備は誰がするのか

2020年から開始される次世代の高速通信規格、5G

さまざまなメディアで「何が変わるのか」ということについて取り上げられ、大きな期待が寄せられている。

そんな中、「5Gへの移行にあたり『課題』を考えることも重要だ」と話すのは、無線メッシュ技術の開発と実用化を目指すPicoCELA株式会社・代表の古川浩氏。彼は、3Gの世界標準策定チームのコアメンバーであり、基地局間協調ダイバーシチの考案者でもある。

今回は古川氏に、5Gの課題と解決の糸口について話を聞いてきた。

基地局増加のために必要となる莫大なコスト

目をそらしてはいけない「5Gが抱える課題」。インフラ整備は誰がするのか
ーー早速ですが、次世代通信規格5Gの開始にあたり課題となるのはどのような点なのでしょうか。

古川氏:まず、通信規格が新しくなる際に考えなければいけないのは、インフラ整備について。要するに、基地局をたくさん設置しなければならないんです。

これには物理的な理由があります。そもそも電波というのは、“1bit”という情報にどれくらいのエネルギーを与えるかによって到達距離が決まります。つまり、エネルギーが少なければ到達距離も短くなるわけです。

エネルギーというのは「時間」×「パワー」ですから、5Gの通信規格である「超高速(時間短縮)」を実現しようとするとエネルギー量が減って、結果として到達距離が短くなってしまうんです。

ーー基地局間の距離を短くしなければいけないということですね。代わりに「パワー」を増やすという手はないんですか?


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「目をそらしてはいけない「5Gが抱える課題」。インフラ整備は誰がするのか」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    要はいい事ばかりの宣伝でしたって事? 4Gで不満は無いけどね

    0
この記事にコメントする

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。