ローソンがレジなし店舗の実証実験開始 省人化や機会ロス削減

記事まとめ

  • ローソンが「レジなし店」の実証実験を行う。
  • センサーなどを利用し、店舗を出ると自動的に決済される仕組み。
  • レジ対応への省人化や機会ロスの削減につなげる。

レジがない!? ローソンが専用アプリで自動決済できる実験店舗をオープン

株式会社ローソンが、2月26日より5月25日までの間、デジタル技術を活用し、レジを通らずに買い物ができる「レジなし店」の実証実験を行うことを発表した。

・省人化・効率化に効果あり?

レジがない!? ローソンが専用アプリで自動決済できる実験店舗をオープン
今回の実験が行われるのは、「富士通新川崎テクノロジースクエア(TS)」(神奈川県川崎市)。同店舗は、富士通株式会社新川崎テクノロジースクエアに勤務する従業員専用の店舗で、同店舗において、システム・店舗オペレーション・防犯・物流面の課題、売上の推移、顧客の声などを検証した上で、今夏には新たな店舗で一般の顧客への利用の展開を検討するという。

同店の従業員は弁当やおにぎり、ドリンクなど商品の品出し作業を行うものの、レジ業務は一切行わないのが特徴。店内に設置されたカメラでお客様の動きを確認し、商品が置かれた棚のセンサーと合わせることで、顧客がどの商品をいくつ手にとったのかを判別し、店舗を出ると自動的に決済される仕組み。レジに並ぶことなくウォークスルーで簡単に買い物ができ、店舗にとっては、レジ対応の省人化による生産性向上やピーク時間帯の機会ロスの削減につながるという。

・デジタル技術を積極活用しているローソン

同店舗には、レジなし店舗システム、入店、決済アプリ、マルチ生体認証といった最新の技術が導入されている。これまでにもローソンは、店舗従業員を介さないセルフレジの導入に加え、スマホ上にバーコードを表示して決済する各種バーコード決済サービスなど様々な決済手段を導入してきた。

また、店舗従業員の作業軽減を目的にした自動釣銭機付レジの全店導入や深夜省力化実験など、デジタル技術を活用した取り組みを積極的に進めている。

これまでにも、東日本旅客鉄道とJR東日本スタートアップが、無人キオスクの実証実験を行うなど、無人レジ店舗には各社が注目している模様。今後も無人レジ店舗への注目と期待はますます高まっていくのではないだろうか。

ローソン

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「レジがない!? ローソンが専用アプリで自動決済できる実験店舗をオープン」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    また店員減らしで人間が困窮する

    0
この記事にコメントする

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月24日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。