VTOL型固定翼ドローンSwift021、遭難者捜索実験などの実証実験を実施

スウィフト・エックスアイ株式会社は、Swift Engineering Inc.(SEI)が開発した、VTOL(垂直離着陸)型固定翼ドローン「Swift021」を活用し、岡山県の和気町にて実証実験を実施した。

なお、同社は、航空宇宙工学サービス事業を展開する米国のSWIFT Engineering Inc.と神戸情報大学院大学による共同出資で設立されたベンチャー企業である。

実証実験概要

VTOL型固定翼ドローンSwift021、遭難者捜索実験などの実証実験を実施
同実験には、和気町職員、警察、消防署、猟友会など約30名が参加し、和気町が企画した「有害動物検知実験」および「遭難者捜索実験」を実施。

実験に用いられた高性能ドローン「Swift021」は、各種センサーとAIにより航空機レベルのフェイルセーフ機能を有し、2時間超の長時間飛行と荷物(1kgまで)の空輸が可能だ。なお、今回の実験では可視光・赤外線カメラをペイロードとして使用している。

2020年3月2日に「有害動物検知実験」として、赤外線カメラ映像から有害動物の位置を確認し、生態調査などを行うことを想定した実験を実施。約200ヘクタールの山間部において、1フライト30分の夜間フライトを行い、10分ほどで3匹の有害動物を検知した。

また、翌日の3月3日には、「遭難者捜索実験」として、約40ヘクタールの観音山登山道にて4人が遭難したと想定し、制限時間内で何人を発見できたかの実験を実施。1回目50分、2回目40分の計90分間フライトし、4人中3人を発見することに成功した。


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月11日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。