オフロード電動スケボー「Cycleagle」は車高155ミリであらゆる道に対応!

オフロード電動スケボー「Cycleagle」は車高155ミリであらゆる道に対応!
街中での移動にスケボーを使う人もいるが、路面が整ったアスファルトではなくマウンテンバイクのようにワイルドな環境でライドを楽しみたいという人もいるのではないだろうか。

そんな人むけに米国のスタートアップが開発したのがオフロード電動スケボー「Cycleagle」。通常のスケボーよりも“車高”があり、また独立したサスペンションシステムでデコボコ道や雪道、山道も難なく駆け回れる。

・10インチのタイヤ

オフロード電動スケボー「Cycleagle」は車高155ミリであらゆる道に対応!
オフロード用に作られたCycleagleのタイヤは、スケボーにしては10インチとやや大きめだ。サスペンションも存在感がある。路面からのボードの高さは155ミリと通常のボードの1.5倍ほどで、これにより野山のデコボコや障害物に対応できる。

また、それぞれの車輪に付いたサスペンションが衝撃を吸収するようになっている。前輪同士と後輪同士をAの字状のアームでリンクさせて衝撃吸収度を高めていて、高速でデコボコ道を走行してもスムーズな乗り心地という。ちなみに、この技術は特許を取得済みとのこと。

・傾斜30度の坂も走行

オフロード電動スケボー「Cycleagle」は車高155ミリであらゆる道に対応!
Cycleagleは電動だが、パワフルさも売りだ。1000Wモーターを4つ搭載し、トップスピードは時速45キロ。傾斜30度の坂ものぼることができる。

そしてフル充電時の航続距離は約22キロとなっている。バッテリーは取り外せるので、長距離を走行したい人は替えのバッテリーを携帯するといい。

オフロード電動スケボー「Cycleagle」は車高155ミリであらゆる道に対応!
操作は手に持つリモコンで行う。スライダーで加速やブレーキをコントロールできるほか、スピードは4モードが用意され、ブレーキの強さも調整できる。リバース(後方への走行)ができるのもユニークだ。

Cycleagleは現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金を募っている。出資額は1480ドル(約16万円)~で、出資は4月16日まで受け付ける。すでに目標額は達成し、7月にも発送が始まる見込みだ。

Cycleagle/Indiegogo

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「スタートアップ + ドラマ」のおすすめ記事

「スタートアップ + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ベンチャーキャピタル」のニュース

次に読みたい関連記事「ベンチャーキャピタル」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月22日のIT記事

キーワード一覧

  1. スタートアップ ドラマ

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。