クラシックな外観に最新電動モーター! VWがコンセプトEVカー「e-BULLI」発表

クラシックな外観に最新電動モーター! VWがコンセプトEVカー「e-BULLI」発表
フォルクスワーゲン(VW)のファンならずともワーゲンバスを知っている人は多いだろう。レトロな外観が特徴の人気カーだ。シリーズで展開されたが、そのうちの1つ「T1 サンババス」が電気自動車(EV)となって帰ってくる。

VWが内燃機関の代わりに電動モーターを搭載してEV化したコンセプトカー「e-BULLI」を発表した。

・最高速度は時速130キロに

クラシックな外観に最新電動モーター! VWがコンセプトEVカー「e-BULLI」発表
T1 サンババスは1966年に生産されたクラシックカー。他のワーゲンバス同様、細長いボックス状の車体、いくつもの窓、丸いヘッドライトなど愛嬌あるデザインが特徴だ。

今回、サンババスから4シリンダーエンジンを取り除き、代わりに電動ドライブを搭載した。パワーは82馬力、212Nmで、これによりトップスピードは時速130キロとなった。サンバでは時速105キロで、わずかながらアップした。バッテリーは45kWh、航続距離は200キロとなっている。

・Bluetoothシステム搭載

クラシックな外観に最新電動モーター! VWがコンセプトEVカー「e-BULLI」発表
おそらくワーゲンバスファンにとって気になるのが内装などのデザインだろう。クラシックだからこそ愛されているという事実を意識して、基本路線は踏襲している。

昔のスクールバスのようなハンドル、シンプルなバックミラー、そしてシートなどのインテリアはかつてと同じ白とオレンジのレザーだ。

クラシックな外観に最新電動モーター! VWがコンセプトEVカー「e-BULLI」発表
もちろん、現代的な要素も加わった。バッテリーの残量を示すメーターが加わったり、ギアスティックが電動ドライブセレクターになったりしている。また、車内でスマホなどの音楽が聴けるよう、Bluetoothシステムも搭載した。

そしてもちろん電動なので充電する必要があるが、充電用ソケットが後部ナンバープレートの下に“隠されて”いるのはユニークだ。

クラシックとモダンが融合しているこの車、VWはコンセプトカーとして発表しているが、生産はほぼ確実で価格は6万4900ユーロ(約770万円)~となっている。

フォルクスワーゲン

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「クラシックな外観に最新電動モーター! VWがコンセプトEVカー「e-BULLI」発表」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ID Buzz を待っている、まだか?

    1
この記事にコメントする

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月22日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。