カーネギーメロン大の研究者、パンデミック時のロボット活用について提言!

10日前まではほとんど聞くことがなかった「ソーシャル・ディスタンシング(社会的に距離を空けること)」という言葉が飛び交うようになり、世界中の都市で次々とロックダウンが実施されている。

ただ、社会全体で人同士の距離を空けることが、感染拡大カーブを和らげるのに有効だとわかっても、ソーシャル・ディスタンシングしていては立ちいかないタスクも多いだろう。

こういったタスクをできる限り無人化できれば、感染拡大リスクの軽減につながるはず。カーネギーメロン大学の研究者は、Science Robotics誌にて、パンデミックにおけるロボット活用について言及している。

・隔離された患者へのサポートをロボットで

カーネギーメロン大学のHowie Choset氏は、“消毒、公共スペースや建物入口での体温測定、隔離された患者へのサポート、鼻/喉からの検査用サンプル収集”なんかが、ロボットにやってもらうタスクとしてもってこいとしている。

今回のパンデミックでは、ロボット活用の準備ができているとはいえず、新たな機能の開発が必要になるが、現在開発中、あるいは稼働中のロボットも、上記タスクの一部を担える可能性があるだろう。

・ロックダウン時には配送ロボットが活躍

カーネギーメロン大の研究者、パンデミック時のロボット活用について提言!

Image: Diligent Robotics

例えば、最近シリーズAラウンドで1000万ドル(約11億円)の調達に成功したDiligent Roboticsは、病院用アシスタントロボット「Moxi」を開発している。Moxiは、院内で配送からシーツ交換までを自動でこなし、パンデミックの状況で活用すれば、医療従事者の患者との接触機会を減らしてくれるはずだ。


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。