壁全体をタッチスクリーンにしてしまうプロジェクター「GoTouch Beam」

韓国のAnyractive社がクラウドファンディング中の「GoTouch Beam」は、スマートフォンタブレット/PCなどの画面を、タッチ機能を生かしたまま投影するプロジェクター。

専用のタッチペンで映像の中のボタンを押したり、文字を書き込んだりできる。

・センサーがタッチペンの位置を特定

壁全体をタッチスクリーンにしてしまうプロジェクター「GoTouch Beam」
映し出された映像がタッチに反応する理由は、専用のタッチペンにある。

このタッチペンからは赤外線信号が出ており、プロジェクター本体のセンサーが常にそれを捉え、タッチペンの位置を正確に把握している。ペンで映像中のボタンを押せば、センサーが圧力を感知し、どの場所のボタンが押されたかを判断。使用中のアプリやソフトにそれが伝わり、タッチスクリーンを押したときと同様に反応するというわけだ。

また、ペンを使って、タッチスクリーン同様に画面をスクロールすることもできる。

・映像中に文字を書き込める

「GoTouch Beam」のもう1つの特長は、投影された映像の中に文字や線を書き込めること。もちろん、本当にインクで書くわけではないので、投影面は汚れない。

例えば描画ソフトを立ち上げて、壁面やプロジェクタースクリーンを大きなホワイトボードのように使える。それだけでなく、投影した写真、表、グラフなどの上に、何でも自由に書き込めるという。文字に下線を引いて強調したり、大事な部分を丸で囲んだり……プレゼンテーションで大いに役立ちそうだ。

Anyractive社はすでに、壁面をホワイトボードに変えるプロジェクター「GoTouch」を販売しており、この「GoTouch Beam」はその進化版と言っていい。現在クラウドファンディングで出資者募集中。

KICKSTARTER/GoTouch Beam

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月5日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。