Adobeがリリースした無料カメラアプリ「Photoshop Camera」の実力と可能性

PhotoshopやIllustratorでおなじみのAdobeが、6月10日にスマホアプリ「Photoshop Camera」の配信を開始した。

対応機種は、iPhone 6s以上、iOS 12以上のiPhoneと、Android 9以上の一部Androidスマホ。Pixel 3/4(XL含む)や、Galaxy S9以上のGalaxyが対応するが、対象となるモデルは限定的だ。料金は無料となる。

どんよりした曇り空は「レンズ」をかけるとここまで変わる

Photoshop Cameraは、Adobeが開発したAIの「Adobe Sensei」を内蔵したカメラアプリ。被写体を認識して、最適な処理をかけて画像を補正するのと同時に、「レンズ」と呼ばれるフィルターをかけることができる。

これだけだと、スマホが出始めのころからあったカメラアプリと大差がないように聞こえるかもしれないが、Adobe Senseiの実力は、作り出される映像を見れば一目瞭然だ。

Adobeがリリースした無料カメラアプリ「Photoshop Camera」の実力と可能性

撮影しながら、リアルタイムに合成処理をかけることができる

その実力がもっともわかりやすいのは、風景写真に「ブルースカイ」のレンズを適用したときかもしれない。

以下の写真は、曇り空の日に撮った風景に、青空のフィルターをかけたもの。ビルの背後に写る空だけがきっちり置き換わっており、あたかもピーカンの日に撮ったかのような写真に見えるが、実はこれも合成によるものだ。ビルの上に立った細かなクレーンも、しっかり前景の一部と認識されている。


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月16日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。