AIを活用し英語学習をサポートする「MUSE」、「Pepper」に対応!

       

AKA株式会社は、人工知能エンジン「MUSE」を活用した英語学習機能がソフトバンクロボティクス株式会社が販売する「Pepper」に搭載可能となったことを発表した。

AKAは、2019年に「Pepper」の販売代理契約を結んでおり、このたびの機能搭載を機にアジア諸国の教育現場での「Pepper」を活用した英語学習を広げていく構えだ。

効率的かつ効果的に

今回搭載した機能を大きくわけると2種類。学習者のスピーキング力向上を図る機能と教師をサポートする機能だ。

学習者に対する機能には上級者向けチャット機能と初心者向けチャット機能がある。上級者向けチャットでは自然な英会話を提供し、幅広い話題での自由会話が可能となるという。

初心者向けチャットでは、320以上のトピックやシチュエーションを選択し実践的な会話を提供。この際、スムーズな返答と会話回数を増やすため返答候補文を表示する。また、会話フレーズや表現パターン、単語の反復練習や、学習者自身が発音の正誤を把握し発音チェックができる「EDU Mode」も搭載するとのこと。

一方、教師向けの機能として、学習管理機能(LMS)や教師専用ウェブサイトにて「EDU Mode」の学習コンテンツのカスタマイズ、生徒のリアルタイム会話表示、会話や学習履歴の閲覧が可能となる機能を搭載。これらの機能を「Academy Mode」と呼び、授業以外で活用できる機能を搭載することで教育現場の業務負担軽減を図っていく。


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月14日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。