カーネギーメロン大が3Dプリントを利用したN95マスク! お湯でほぐせば顔にフィット

       

新型コロナによるN95マスク不足をアイデアと技術で解消すべく、3Dプリンティング促進団体のAmerica Makesは、「Fit to Face Challenge」というコンペを開催した。

カーネギーメロン大学の研究者らが設計の「成形可能マスク」が、同コンペでトップデザインに選出されている。現在、FDA(アメリカ食品医薬品局)やNIH(アメリカ国立衛生研究所)による評価待ちの成形可能マスクは、万人の顔にフィットし、継続して使用することができる。

どんな顔のタイプにも適応

医療現場で利用できるレベルのマスクには、厳密なフィット性が求められる。成形可能マスクは、呼び名の通り着用する人の顔に合わせて形が調整可能な設計だ。

研究者の1人、Erica Martelly氏は、もともと睡眠時無呼吸のためのCPAPマスクを研究対象としていた。研究では、お湯を利用してマスクをほぐす方法を検討しており、この技術を新型コロナ対応マスクに転用するのは自然な流れだったようだ。

コンペ出展に向けてMartelly氏は、機械工学教授のKenji Shimada氏の協力のもと、どんなタイプの顔にも適応するマスクを考案することにした。低融点のプラスチック素材が、顔の輪郭に合わせて成形できることを知っていた研究者らは、1週間で3Dプリントできるマスクを設計したようだ。

N95素材を複数回使用できる

成形可能マスクは、マスク本体とフィルターケージの2つのパーツで構成されている。熱を加えることで、プラスチックがしなやかになり、マスク本体を着用者の顔の輪郭に合わせて成形できる。


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「3Dプリンタ」に関する記事

「3Dプリンタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「3Dプリンタ」の記事

次に読みたい「3Dプリンタ」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月28日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。